7/29(水)発売 新刊の最新情報はこちら!

父のマンションで生活しているときに見つけたカオスな銭湯

ちょっと重めの記事が続いたので、ライトなやついきます。

父のマンションに、6泊7日しました(介護ベッド利用)。最近ブログに登場しておりませんが、同じ市内に住む認知症の母は変わらず元気で、スマカメでチェックしております。

母に「父の死」がバレないように

わたしの喪服、数珠、ふくさなどは、すべて母の家にありました。しかし、母の前で喪服を着ると、

あんた、だれ死んだの?いつ?香典はいくらなの?わたしはどうするの?

この質問を、何回も何回もされることは間違いありません。そして、妙な不安だけが母に残るということで、すべては秘密裏に行う必要があります、そこで・・・

  1. 妹に車で連れて行ってもらって、母と話している隙に家に侵入。喪服や数珠を取って、車に戻って隠れる
  2. 母がデイサービスに行っている間に侵入、お風呂道具や着替えなどをもって、父のマンションへ
  3. 帰京する日、すべての荷物を母の家に戻し、何事もなかったことにする

とまぁ、コソ泥な日々でした。もちろん、お薬が飲めているかのチェック、冷蔵庫の賞味期限チェックをして、また父のマンションに帰りました、良心的なコソ泥です。来週また、盛岡に帰るのですが、そこからはいつもの母との日常が始まります。

父のマンションのそばにあった変な銭湯

父のマンションは、本当に汚いです・・・てか、汚かったんです、最初は。それを家族や、ヘルパーさんの努力で、ある程度住めるレベルにはなったのです。

最初のイメージがどうしても抜けきれないわたしは、マンションのお風呂は使わない、できればトイレも使いたくない、水も使いたくない、つま先で歩く・・・そんな感じでした。

なのでお風呂は、近所の銭湯を使いました。スーパー銭湯があったらよかったのですが、単なる公衆浴場です。生前に要介護5の予定だった父とドン・キホーテに買い物に行った際に、こんな会話がありました。

うちの近所の銭湯には、背中に絵のある人がいる
くどひろ
今はさ、そういう人、立入禁止でしょ?
本当だって、いるって!

お風呂以外にも、洗濯機も使いたくありません。わたしは潔癖症ではないのですが、このマンションに関してはものすごく潔癖でした。だから、コインランドリーに通いました。おかげさまで、いろんなジャンルの本を読破できました。食事はヘルシーな定食屋があったので、そこを多く利用しました。

ある日、銭湯に行ったら、父の言ってたあの人がいるではありませんか!

全身に書かれた見事な絵。おじいちゃんでしたが、迫力は十分でした。「うわっ、本当にいた!」と心の中で叫びながら、しれっと髪の毛を洗いました。何の規制もない緩すぎる銭湯・・・

この銭湯、もうひとつ面白いことがあって、みんな普通に「あるもの」を浴場に持ち込むのです。そのあるものとは、マンガ。普通、洗い場の場所の確保って、自分のシャンプーとかリンス、洗面器でやるじゃないですか?それが、無造作にマンガが置いてあるんです・・・

くどひろ
ん?この洗い場は、だれか使っているってことだよな?

シャワーヘッドの上に7冊のマンガを置いている人、お風呂の中でマンガを読んでいる人がいました。あまりにカオスな銭湯で、度肝を抜かれました。

皆さんが読んでいたのは、静かなるドン、クローズ。そっち系だったら、「闇金ウシジマくん」が読みたかったのですが、ありませんでした。

父のマンションで寝泊まりすることはもうありませんが、遺品整理やリフォームなどまだまだやることがあるので、ひょっとしたらカオスな銭湯にまた行っちゃうかも。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


7/29発売 予約受付中!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親に特化した新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」で介護の模様とブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ