10分で聴ける介護ラジオ放送中!

あのウィッキーさんとわたしで認知症トークセッションをします!

ご縁というのは不思議なもので、ズームイン!!朝!のワンポイント英会話でおなじみのあのウィッキーさんとわたしで認知症について語るというイベントを、岩手県・盛岡市で行うことになりました。

「そういえば、ウィッキーさんって今何しているの?」

と思われる方もいるかもしれませんが、わたしにとっては割と身近な方です。というのも、認知症の母が5年以上飲んでいるサプリメント・フェルガードで、情報誌のようなものが毎月送られてくるのですが、そのキャラクターがウィッキーさんなのです。

ウィッキーさんは、「認知症の疑い」があったのだとか。2003年にくも膜下出血を発症、それでも元通りの生活を送っていたのですが、奥さまがトイレのフタをいつもきちんと閉めるはずのウィッキーさんが閉め忘れるところで異変に気づきます。またウィッキーさん自身も自分の英会話教室で、生徒の名前が思い出せなかったのだそう。68歳のときです。

奥さまが認知症について調べる中で、ピック病のチェックリストをやってみたら3つ該当したそうです。ます、意欲減退。ウィッキーさんは、元気なくふさぎ込んでたそうです。そして、時刻表的行動。毎日夕方にどこかへ出かけて決まった時間に帰ってくることを繰り返していました。また、同じ店で同じものを買うという行動。それを毎日食べ続けるという状態だったそうです。

それで病院に連れて行ったら、なぜか異常は見つかりません。しかし、水を出しっぱなしにすることもあって、奥さんは諦めず勉強を続けます。それでコウノメソッドに行き当たり、フェルガードを飲み始めて今はお元気だそうです。

うちの母はこの時刻表的行動をする時期が昔はあって、ウィッキーさんと同じピック病と診断されていたこともあり(今もピック病かもしれません)、飲んでいるサプリも一緒ということで、実はかなり共通点もあります。奥様の行動も、わたしと共通しています。

たぶんウィッキーさんは76歳なので、亡くなった父親と同じ年・・・なんとも不思議な感じがします。

市民公開講座の詳細

日時2018年3月18日(日)
13時00分~15時00分(開場12時45分)
場所上田公民館(岩手県盛岡市上田4-1-1)

バス:盛岡駅からは,11番乗場,駅上田線で松園方面行き「上田四丁目(NHK前)」停留所下車 徒歩1分
松園方面からは,駅上田線で盛岡駅行きもしくは盛岡バスセンンター行き「高松の池口」停留所下車 徒歩3分
バスセンターからは,上田線で松園営業所行きもしくは松園ターミナル行き「上田四丁目(NHK前)」停留所下車 徒歩1分
タクシー:盛岡駅から約10分
車:盛岡IC,盛岡南ICから約30分

参加費1,500円
ゲストウィッキーさん(ズームイン!!朝!ワンポイント英会話でおなじみ)
くにし珠萌氏(味覚の学校ひろしま和の詩)
千々岩和美氏(味覚の学校ひろしま和の詩)
村上与志也氏(ピアニスト)
工藤 広伸(介護作家・ブロガー) 
定員・対象どなたでも参加可能です
イベント・ソプラノ歌手くにし珠萌さん「音楽の玉手箱」
・くどひろ講演「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」
・くどひろ×ウィッキーさんによる認知症トークセッション
定員100名
主催・申込先・お問合せ先暮らしの保健室もりおか
TEL 070-2078-1007
共催(株)グロービア

ソプラノ歌手のくにし珠萌(みほ)先生は、ニューヨークカーネギーリサイタルホールで日米ジョイントリサイタルに出演されたお方で、現在は広島県を中心に、小学校や介護施設などでのコンサート、ディナーショーを開催しています。

その歌声に涙する方もいるのだとか。介護施設で歌うことも多いとのことで、参加される皆さまにとっても楽しい時間になると思います。ピアニストの村上さんによる生演奏もあり、前半と後半ではだいぶ雰囲気は違うと思いますが、それでもテーマは認知症です。

1か月前なのにいろいろと未確定だったり、Facebookで見ていた方はこのイベントが突然消えたりして申し訳ありません。日時と場所に関しては変更ありませんので、気軽に遊びに来て頂けるとうれしいです!情報はこの記事でアップデートしたいと思います。

今日もしれっと、しれっと。


【10分で聴ける音声配信】 → 『ちょっと気になる?介護のラジオ』

 


【わたしが書いた最新刊】
近距離、遠距離に関わらず、認知症の親と離れて介護している方や介護が始まるかもしれない方に向けた新ジャンルの介護本です。図表とカラーで分かりやすく仕上げ、本の内容はNHKあさイチなど多くのメディアに取り上げられました。

コメントを残す コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(78歳・要介護3)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて10年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか