【重版】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

自分のやってきた仕事に年号を振れるかどうか?

先日、関ジャムに松田聖子さんが出ていた。

自らの音楽と作詞作曲の秘密について語っていたのだが、そういった機会が今までなかったらしく、とても新鮮な回だった。

当時の楽曲にまつわるエピソードをスラスラと話す姿を見て、こういう仕事の振り返りができる人って、自分の仕事に誇りをもって、しかも天職なんだろうなと思った。

会社員時代、いろいろな仕事に携わってきた。

仕事を振り返るとき、A社に在籍していたとか、役職はマネージャーだったとか、年収はこれくらいだったとか、こんなメンバーと働いていたという言い方に、どうしてもなってしまう。

自分中心で仕事を語るのではなく、あくまで会社を軸にして仕事を語ってしまうのだ。

2000年にこんな仕事をしていたとか、2010年にこんな仕事をしていたといった、聖子さん的なイキイキエピソードトークができない。

ところが2012年にはじまった祖母と母の介護のおかげで、状況は一変した。フリーランスになってからは、どんな仕事をしてきたか鮮明に覚えている。

特に書籍を出し始めた2015年以降は、聖子さんほどではないけど、それぞれの作品にまつわるエピソードがあり、こんな取材を受けたとか、こんな感想をもらったとか、話し出したらとまらなくなる。

ひょっとしたら仕事のやりがいって、社名抜きで自分のやってきた仕事をイキイキと語れるか、自分の仕事に年号を振れるくらい思い出せるかなのかもしれないと思った。

早く家に帰りたい、こんな会社早く辞めたい、あんな上司とは同じ空気を吸いたくない、給料が安すぎる、年齢的に転職は厳しいから今の職場で逃げきるしかないと思いながら仕事をしていれば、そんなエピソードは残念ながら出てこない。

人にイヤイヤやらされる仕事ではなく、自らが進んで決めてやった仕事であれば、記憶にも残りやすいはず。

2019年にこんな仕事をやって、2020年にこんな仕事をやった。2021年にはこんな仕事を待っている。そんなふうに自分の仕事を年表のように語れると、人生楽しいと思う。

講演会 依頼

工藤広伸のプロフィールとメディア実績(介護作家・ブロガー)

会社が軸なのではなく、あくまで自分自身を軸に仕事を語れるかどうか。そんな仕事ができている人はきっと、介護もうまく回っているような気がする。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
11月7日(土)東京都葛飾区【満席】 → 締め切りました
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか