介護者自身の健康と病院嫌いの両親のために!自宅で簡単がん検査『おうちでドック』レビュー

おうちでドック

介護を受ける側だけでなく、介護する側の健康も大切です。

しかし、介護中でなかなか家から出られない、時間がないという理由で、介護者自身の健康を後回しにしてしまうケースがよくあります。介護者が倒れてしまったら、共倒れになってしまうのにです。

また、根拠なく健康に自信を持っている40代以上の方、結構いらっしゃいます。

わたしの知人は人間ドックを受けたおかげで、 命を落とさずに済んだという経験をしています。その話を聞いてからというもの、自分の健康に過信せず、高い人間ドックを受け、健康診断も毎年行くようになりました。

たまたま、『おうちでドック』の発売元であるハルメク・ベンチャーズ株式会社社長の松尾尚英さんから、商品説明して頂ける機会を頂きました。

ハルメク・ベンチャーズは『50代以上の女性が元気になれば、日本は変わる』という経営理念のもと、 予防医療の普及や健康経営により、医療費を削減する事業に取り組んでいらっしゃいます。

わたしは日本がどうこうまでは思っていませんが、こういった民間の新しい取組みにとても興味があったので、説明会に参加してきました。

『おうちでドック』を説明する松尾社長

おうちでドックとは?

『おうちでドック』は、数滴の血液と尿を自分で採取して、郵送で検査機関に送り、がんや生活習慣病を検査して、2週間後に検査結果が送られてくるという、とても簡単でシンプルなキットです。(webで検査結果が見られるように、いずれなるらしい)

おうちでドック
おうちでドックの外観

微量の血液と尿で、女性は乳がん、子宮頸がん。男性ならば前立腺がん。男女ともに大腸がん、食道がん、糖尿病、動脈硬化、脂質代謝異常、腎疾患、肝臓疾患、痛風、肥満度、尿路結石などの項目をカバーしています。

病院と同等レベルの精度で検査を受けられ、結果のフォローを医師が遠隔や対面で相談できるチャット機能もあります。郵送検査でありながら、アフターフォローが充実しているサービスは、ほとんどないようです。

希望すれば、結果説明を医師が電話で実施してくれます。またこの検査でがんが確定した場合、がんのセカンドオピニオン相談(1回4万円相当)を負担してもらえて、利用者は無料になります。

6月からは利用者(家族も含む)の健康チャット相談を、キット購入から1年可能になり、名医紹介もあるというかなりの充実度です。

おうちでドックを試してみた!

『おうちでドック(男性用)血液・尿検査キット』をご紹介しますが、検査手順は女性用も同じで、検査項目が違います。

キットを開けると、右側に尿検査用のカップと採尿管、左側に血液検査用のキットがセットされています。2日間に分けて検査を実施するのですが、検査前日はいつも通りの夕食もアルコールもOKです。

おうちでドック
おうちでドックを開封してみる

検査1日目は、朝に採尿と血液検査(生活習慣病)を約30分かけて実施します。わたしは20分もかからず、終わりました。2日目は血液検査(がん)を実施するのですが、検査方法は1日目とほぼ同じで、約15分で終わりました。

尿検査は想像がつくと思うので(尿カップから、採尿管に尿を移す技術が今まで見たことない面白さ)、血液検査をご紹介します。

おうちでドック 検査キット
おうちでドックの箱の中身

この中の血液検査(がん 男性用)を開封します。

血液検査(がん男性用)

ケースを開封します。

おうちでドック がん 男性用

ピンクと白の器具が使い捨て針です。先端のフタを取り、指先に押し当てると針が出て、指に小さな傷ができます。針はすぐ戻るという、安全設計です。

指先から血が出たら、緑で透明な容器に覆われた吸引器の先のスポンジに染みこませ、それを右上の白いボトルに差し込んで、密閉キャップで締めて郵送します。

おうちでドック がん検査
採血検査で使った医療ゴミと血液を一緒に返送する

検査で使った医療ゴミの廃棄に困ると思うのですが、『おうちでドック』の場合は医療ゴミと採取した血液を一緒に、検査センターに返送するので安心です。

わたしは血液検査(がん・生活習慣病)、そして尿検査の3つを検査センターへ送付し、現在結果待ちです。

おうちでドック  生活習慣病
3つの検査を梱包してポストに投函

後日届く、検査結果票のサンプルを見せて頂いたので、ご紹介します。

おうちでドック 検査結果票
おうちでドック 検査結果票

がんのリスク、生活習慣病のリスクが、検査結果票で「一目で」分かります。一般的な検査結果は、自分の数値と判定数値の票が分かれているため、2枚の紙を対比させる必要があります。

ところがこの検査結果票は、1枚で一目で自分の状態が分かるという親切設計になっています。

おうちでドックの感想

わずか数滴の血液で、大腸がん、食道がん、前立腺がん(女性は子宮がん、乳がん)のリスクが分かるという手軽さに、魅力を感じる人は多いと思いました。

大腸がんであれば、肛門から大腸内視鏡を入れ、乳がんならばマンモグラフィーで検査するので、身体への負荷も時間もかかります。それが数滴の血液だけでがん検査ができ、気になったら医師に相談できるところまでサポートされているのはありがたいです。

身体への負荷がイヤで、検査を受けないという人もいるので、おうちでドックをうまく活用して欲しいです。

がん検診は何歳から受けるべきか?

国立がん研究センターによると、大腸がんは男女ともに40歳以上、乳がん・子宮頸がんは40歳以上は2年に1回は、検査を受けたほうがいいようです。

両親が病院嫌いで、健康診断やがん検診を受けてくれず困っているというご家庭にも、おうちでドックは有効だと思います。

おうちでドックの申し込み方法

ハルメク公式サイトから、ネットを使ってお申込みができます。がん検査だけ、生活習慣病だけという選び方も可能なので、一度チェックしてみてください。

直近だと、父の日のプレゼントということにして、病院嫌いのお父さんのがん検査をしてみてはいかがでしょうか?

おうちでドック(女性用)のご購入はこちら
おうちでドック(男性用)のご購入はこちら

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
06/26(水):福井県福井市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
07/06(土):岩手県大船渡市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
おうちでドック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか