認知症介護の詩集『満月の夜、母を施設において』を読んで

満月の夜、母を施設に置いて

先日、世界アルツハイマー月間2019の推薦図書43冊のリストを記事化しました。

この43冊の中で一番クリックされた本が『満月の夜、母を施設において』(著者:藤川幸之助、中央法規出版)でした。

2008年出版で11年前の本なので、購入するか悩んだ挙句、今回は図書館で借りて読んでみました。

満月の夜、母を施設において

著者の藤川幸之助さんは詩人で、息子の立場で認知症の母親を介護する気持ちが、詩に凝縮されています。詩集の最後は、同じく詩人の谷川俊太郎さんとの認知症対談もあります。

本のタイトルに近い、「扉」という詩の一部をご紹介します。



母を老人ホームに入れた

認知症の老人たちの中で
静かに座って私を見つめる母が
涙の向こう側にぼんやり見えた
私が帰ろうとすると
何もわかるはずもない母が
私の手をぎゅっとつかんだ
そしてどこまでもどこまでも
私の後を付いてきた

引用元:満月の夜、母を施設に置いて

認知症の親を介護施設に預けたときの家族の切ない気持ち、情景が詩の中から浮かぶのと同時に、誰もがあるあると思える一コマです。

この詩集を読んで、わたしは認知症の母よりも、病院で1年過ごした認知症の祖母を思い出しました。軽度から中等度の認知症の人への思いより、もっと認知症が進行した人への思い、家族の葛藤を感じられる詩集です。

会話もない、言葉もない、だけど認知症の家族のそばにいる感覚は、まさに祖母で経験したこと。

在宅では面倒見切れないから、施設にお願いする。そんなときに思う親への罪悪感や後悔。それと同時に、どこか介護から解放されるというホッとした思い。今度はその思いに対して、自責の念を抱いてしまう・・・

詩集を読めばきっと、認知症介護を経験した人は「わかるわかる」と呟いてしまうことでしょう。わたしも詩集を読みながら「そうそう」と何度も心の中で繰り返しました。

43冊の推薦図書を記事化したとき、わたしは書評を加えていません。なので、ブログ読者の皆さんは、純粋に本のタイトルがキャッチーで、興味を持たれたのだと思います。

「満月の夜、母を施設において」

この短い本のタイトルだけで、認知症介護をしているとこみあげてくる介護者の切なさ、胸を締め付けられるような母への思い、たくさんの想像をかきたてます。

認知症介護を経験している方なら、必ず共感する詩の数々、読んでみてください!

満月の夜、母を施設に置いて

満月の夜、母を施設に置いて

1,650円(03/31 22:53時点)
発売日: 2008/06/01
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ