コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

最終回?人気認知症介護コラム「ウチのおかんがボケちゃいまして」の今後

ウチのおかんがボケちゃいまして

11月19日(金)に発売されたMONOQLO1月号(記事タイトル下の写真)。今月の特集は「ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2020」年末特大号です。

ガチテストで本当によかった商品が掲載されていて、わたしもMONOQLOを参考に買った商品は数知れず。今月号に載っている1位の歯磨き粉も購入し、これから試します。

今回もワーストバイがしっかり載ってました。広告がない雑誌だからこその強烈なダメ出し。ワーストバイの中に、わたしが購入を検討していたものもありました。

その雑誌の中で、認知症介護を便利グッズで解決していくコラム「ウチのおかんがボケちゃいまして」の連載は2年経ちましたが、実は今回の連載が最後になります。

わたしは「教えて!くどひろさん」という枠で、アドバイザーとしてコメントしてきました。とてもとても大好きな仕事でした。残念……、でもでも??

シーズン2は家電批評で

MONOQLOでの連載は終了しますが、連載は他で続きます。移動先は同じ晋遊舎の雑誌「家電批評」で、シーズン2として始まります。

「家電批評」の名前と認知症介護というミスマッチが、わたしは大好きです。認知症介護には「普通の」グッズニーズが介護家族にあり、先週出演したあさイチの企画はまさにこれで、毎月便利なグッズを紹介しています。

最近ガジェットを取り扱う普通の雑誌が、まさかの介護特集を始めました。数年前なら考えられないこの流れですが、やはりニーズがあるのだと思います。介護保険サービスの中の杖、手すりなど紹介してくださる福祉用具専門相談員さんの目線とは、全く違うものです。

在宅介護をしていると、専門職には解決できない案件が必ずあります。そんな困りごとを家電が解決してくれるケース、実は結構あるんですよ。ご近所に頼ったら菓子折りとご挨拶が必要ですが、家電はお礼も気遣いも必要ありません。

シーズン2はどうなるんだろ? そして認知症介護歴2年目のライター岡野さんが、お母さんのために見つけてくる新たなガジェットとは? 家電批評だから、家電を使って認知症介護を解決する連載になるのか? 

ちなみにこのブログで紹介している家電、ガジェットとは違うものが掲載されています。家電批評は毎月3日発売なので、お近くのコンビニでチェックしてみてください。次号は年末年始なので、12月末発売予定です。家電批評で始まるシーズン2、期待してください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか