新刊「がんばりすぎずにしれっと認知症介護」が発売6日目にして重版決定&明日12/14(木)14時からトークイベント

がんばりすぎずにしれっと認知症介護

12/6(水)発売したばかりのわたしの新刊「がんばりすぎずにしれっと認知症介護(新日本出版社)」が、発売6日目にして重版(増刷)が決まりました!

がんばりすぎずにしれっと認知症介護

1作目は重版したのですが、それでも発売から1か月が経過しての重版でした。今回はわずか6日目ということで、史上最速での重版出来でございます。みなさまの応援のおかげでこんなにも早く重版することができました、ありがとうございます!こんなに反響が大きいとは、驚きです。川崎幸(さいわい)クリニック院長・杉山先生に、ご推薦頂いた影響もあると思います。

やはり新聞連載の時に「書籍化して欲しい」という方々が購入してくださったのでしょうか?ビスケットの話がいいとか、ありがとうの話がいいとか、まだ読んでいない方には意味不明だと思いますが、この話がよかったという声も頂いています。挿絵に関しても、わが家のいろんなことを想像させるようで、みなさまの解釈がわたしの思っている方向とは真逆で、とても面白いです。

そして明日、12月14日(木)14時から東京・紀伊國屋書店新宿本店8Fのイベントスペースで、新刊発売を記念してトークショーを開催いたします。たぶんですがまだお席は空いていると思われますので、当日フラっと立ち寄って頂けるとうれしいです。電話予約したほうが確実ですので、まだお申込みされていない方は下記詳細を読んで電話してみてください。

今回の作品の裏話とか、絶対ブログには公開しないわが家の介護風景や写真などをたくさんお見せしようと思っています。平日のお昼でなかなか時間が取れないかもしれませんが、遊びに来ていただけるとうれしいです!

イベント名工藤広伸『がんばりすぎずにしれっと認知症介護』
刊行記念トーク&サイン会
開催日時2017年12月14日(木)14時~16時
開場 13時45分
場所紀伊國屋書店新宿本店・8階イベントスペース
〒163-8636 東京都新宿区新宿3-17-7

定員40名限定
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
参加方法新刊(1,404円税込)をご購入の方に、整理券を配布します。
整理券1枚につき、おひとりの参加となります。
イベント電話予約開始日時11月14日(火)10時~
☆12月4日以降のご来店で、書籍と整理券を入手できます。
☆イベント当日に、書籍と整理券の入手も可能です。
予約受付TEL・受付時間紀伊國屋書店新宿本店5F
03-3354-5700:直通
10時~21時
・間違い電話が多くなっているそうなので、ご注意ください!
整理券配布について配布開始日 12月4日(月)
(紀伊國屋書店新宿本店さんは12/4(月)より本が購入できます)
配布場所 5階レジカウンター
注意事項・席は自由席になります。
・イベント会場での撮影・録音はできません。
・整理券の紛失に伴う再発行はできません。
・お客様都合により当日イベントに参加できなかった場合、ご購入済み整理券および書籍の払い戻しはできません。サイン本のお取り置きなどもできません。
・お電話でご予約のお客様が不参加の場合、イベント終了時点ですべてキャンセル扱いになります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

がんばりすぎずにしれっと認知症介護

4 件のコメント

  • 初めまして。認知症の母(82歳、1人暮らし)を介護するアラフィフ男性です。この夏頃から様子がおかしくなり、何とか物忘れ外来を受診し、介護保険も11月末に適用されました。(要介護1)物忘れの症状やそれに伴う鬱症状が日増しに酷くなり、昼夜問わず何度も電話がなり、大半がキレた口撃で疲弊しきっているのが現状です。何度も(早く死ね)と思う毎日で心身追い込まれていた2日前の夜眠れない中、ネットでくどひろさんが書かれた介護の4つのステップに関する記事に出会いました。身体はつかれていますが、気持ちは一気に吹っ切れました。今まではこちらもキレてしまう対応でしたが、この記事を読んでそれは逆効果であること、事態を悪化させることだと気付きました。最終的にはできるだけ早く施設に入るのが、母も私達家族も希望しています。
    介護に関しては本当に話せる人がいません。
    そんな中、くどひろさんは渡しに光と希望と”あきらめ、割りきり”を与えてくれました。取り急ぎお礼を伝えたく、拙い文章でメールいたしました。
    今後も介護家族に共感をもたらす記事を楽しみにしております。
    追伸:
    本日の紀伊国屋のトークショーに妻が行ってきました。新刊を購入しましたので、読むのを楽しみにしております。
    失礼します。

  • サミサミーさま

    とてもうれしいコメントありがとうございます!!
    わたしも4つのステップが大好きで、トークショーでもそのお話をさせて頂きました。次のステップにいかに早く移れるかが、認知症介護のポイントの一つだと本気で思っています。
    奥様のトークショーの参加も、重ねてうれしいです!

  • 重版おめでとうございます
    もちろん購入して、読ませていただきました。
    介護家族の立場で、読みやすく、実際にすぐ試せる内容でした。
    日々、一人で決断して実際に動いていかなければならない私にとって、どんなに励まされる内容だったか! 前向きになれる本です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか