祖母の死亡後、成年後見人の 「終了手続き」 をやってみた

認知症であった祖母に替わって、入院時の契約・支払い、後期高齢者医療制度の更新、医療費の減額認定・・・などなどしてきた、「成年後見人」 のお仕事が終了しました。当たり前ですが、亡くなった瞬間に、成年後見人のお仕事は終わります。

司法書士や弁護士の方が成年後見人をされ、 「終了手続き」 をされたホームページはいっぱいあるんですが、わたしのような 「素人」 がやったページはまだそんなにないので 「素人タッチで」 素人コトバで記事を書いてみます。

とりあえず「家庭裁判所」に電話

「家庭裁判所」 の担当書記官に、まずは電話です。

くどひろ
祖母が亡くなったので、成年後見人としてのお仕事が終わってしまったんですが
書記官
それでは 「後見事務終了手続きについて」 という書類を送るので、そちらを記入してください

はい、以上終了です。届いた書類を読むと、やるべき事は下記2つだけです。成年後見人になる時の苦労から考えると、終了時はラクです。

「後見終了登記申請」と「後見等事務終了報告書」を提出する

「登記申請書(終了の登記)」 という書類が送られてくるので、それを記載して東京法務局にある後見登録課へ送ります。書類もすごく簡単で、名前や登記番号、亡くなった日付を書いて、死亡診断書をコピーして送れば終了です。これが終わると、先日記事にした 「閉鎖登記事項証明書」 が発行できるようになります。

早めに動いたんですが、亡くなってから2週間後に登記から外されていました。

「後見等事務終了報告書」 も、特に難しいことはなく、これもすぐ終わります。終了する理由(死亡による)とか、亡くなった日付、報酬を申立するかどうか ぐらいの事を書きます。合わせて 「財産目録」 も、最終バージョンを提出します。通帳のコピーと、預金残高を報告して終わりです。

「葬儀費用」を亡くなった祖母の口座から使っていいか聞いてみる

「葬儀費用」って結構な「持ち出し」になります。うちの場合ですが、結局わたしがすべて支払いました。参列した人は15人くらいしかいないんですが、それでも諸費用で軽く100万円は超えました。

くどひろ
葬儀費用を、祖母の口座から引き出してもいいものですか?
書記官
一般的には、喪主さまが立て替える事になっております。どうしてもという場合は申請して頂いて、一定金額が許可される場合もあります。

最終的には祖母の財産を、うちの場合だと相続人である母へ移動。その後、母からもらうということで、銀行の相続の手続きが終わるまでは 「持ち出し」 状態は続きます。銀行の相続も時間がかかるので、余裕がない人は立て替えないほうがいいです。

わかりやすい成年後見人の本が発売されています、わたしのように何回も裁判所に電話するより本の方が効率がいいです。当時はまだなかったんですよね・・・この本。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ

【最新刊】 認知症の人と家族の会副代表理事・川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか