【認知症予防】こんな人は認知症になり、こんな人は認知症にならない!

最近お会いする方、お話する方の年齢が以前とくらべると、平均で30歳は上がっている今日この頃。特に80代過ぎの方と話す機会がとても多くなりました、元気な80代もいれば、病院で寝たきりな80代もいらっしゃいます。

今までほとんどしてこなかった親戚づきあいも、やむを得ずすることにしています。祖母が入院している事、母が認知症である事を伝えるためです。

わたしの叔母(80歳)は、肺がんですがタバコをスパスパ吸っています。足も不自由ですが、いろんな親戚や近所の子供がその家に集まってきて、常に誰かが家にいる状況です。一方で我が家を見ますと、まずは祖母。とにかく人と付き合いたくない人で、家から一歩も外に出ず、常にテレビを見る毎日。母も22年前に父が出て行ってから、祖母と2人暮らしでしたが、その祖母も入院してしまっていまは実質ひとり。

86歳のご近所さんからお見舞いを頂いたんですが、この方も話すと冗談ばかり連発して、会話のキャッチボールがすごいです。結局、こういうことなんだと・・・

人と接する機会がどれだけあるか?認知症にとってとても重要!

我が家の祖母、母のような引きこもり系、対しておばさんやご近所さんのような、お友達たくさん系。言わなくても分かると思いますが、お友達たくさん系の方が、しゃきっとしています。80歳を超えてもまだ現役で仕事している人、こういう人もしゃきっとしています。認知症なんて、どこいっちゃったのって感じです。

医学的に証明する何かがないか?ネットで調べていたら、こんなサイトがありました。

常に誰かとコミュニケーションすると認知症予防になる常に誰かとコミュニケーションすると認知症予防になる

一部抜粋しますと、

「常に人と関わること」 それが脳内で神経細胞の生成になり、認知症の予防になっているのです。 他者との会話は良い緊張感を持つことができます。 その緊張感が高齢になってからも必要です。むしろ脳の損傷が進んでしまう高齢になってからこそ、脳を守るための必須事項なのです。 ですので「特定の人とだけ」との関わり合いしかしない、というのは効果が弱いです。

結局、外部からの刺激が必要ってことです。家族は効果が弱くとも、それでもひとりよりは全然ましです。ということで、わたしが今気を付けている事をご紹介しますと?

認知症治療のために、わたしがやっていることとは?

祖母の病院へ足を運ぶ、成年後見人の仕事をする、母のケアプランを見直す というのは、どれもわたしが現在やっている遠距離介護です。こういう直接的な介護ではなく、わたしが隔週で実家へ帰る理由の一つに、”話し相手” になるというのがあります。第三者と話していると、いろいろと頭を使うし、気も遣います。そういった環境が、脳にもいいし、認知症にも効果的とわたしは思っています。

医療面はコウノメソッドで対応、介護面は週2回のヘルパーさんで対応、そしてもうひとつ、家族として密接な時間を多く作るというのが、わたしができる認知症治療です。遠距離でひとりでいる母親に何か刺激を!ってことで、話し相手になったり、ごはんを作らせたり、何が効果があるのか、未だ手さぐり状態ではありますが、いろんなこと試してます。

外食にいろいろ連れて行ったりもしてます。ひとりで生活していると、自分が変だということに気づかずに、生活が成り立ってしまう・・・気づくと認知症がさらに進行しているなんてこと、たくさんあります。そうならないように、軽度の認知症である今を大切にしたいなって思います。

でも話し相手になるって、マジ疲れるっす・・・・だから私は1日3時間~5時間ぐらいと決めていて、しかもテレビを見ながら話半分で聞き流すという方法をとってます。ガチでつきあうと、疲れますからね・・・・疲れる時の対処法は、こちらの記事がお薦めです!

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)