認知症の人に毎朝予定をお知らせしてくれるスマートスピーカー『google home mini』

スマートスピーカー 介護

新刊『ムリなくできる親の介護』の書評が続々とネットにアップされ始めたので、近日中に書評まとめ記事をアップしたいと思います。

3が日が明けた途端に、急に本の感想が増え始めました。たぶん正月明けに、本を読もうという方が多かったのかもしれません。

年始から都内取材、都内の書店、岩手の取材、岩手の書店、妻の病院、母の介護、講演会で「がんばりすぎずに」の人が、年始からフルスロットルです。新刊を発売して暇だったらまずいので、これでいいのですが重なりますよね、なぜか。

きっかけは、東京の自宅の冷蔵庫が壊れたことから始まります。

冷凍庫が使えなくなり、箱のアイスを買えなくなったり、蒟蒻畑を凍らせて食べたりすることができなくなったので、ヨドバシカメラで冷蔵庫を購入しました。

その冷蔵庫売り場の店員から、こんな打診がありました。

「いま、冷蔵庫買ったお客様に、Google home miniを2,000円(元値は6480円らしい)で提供してますけど、どうしますか?」

この時点でGoogle home miniについて、わたしが分かっていたことは、声で操作するスマートスピーカーということ、「OK, Google」って最初に言えば、何かが起こる、この2つだけでした。

2000年前半のYahoo!BBの低価格拡大路線のように、g社もこのgoogle home miniを広く行きわたらせる作戦なのだろうと思いながらも、ブログのネタになりそうだし、失敗しても2000円の出費で済むからと、昨年12月に2個購入しました。

1個は盛岡、1個は東京で使い始めたのですが、こんなに便利なものだとは思いもしませんでした。もちろん介護でも、大活躍しております!

Google home mini 開封の儀

箱を開けてみると、ものすごくシンプルな説明書、ACアダプター、スマートスピーカー、のみが入っています。

これを使うためには、ネット環境とGoogleのアカウントが必要です。あと、スマホでGoogle homeというアプリをダウンロードして、Wi-Fiに接続すればすぐ利用できます。

Google home miniを介護に使う

Gmailを利用している人も多いので、Googleカレンダーを利用している方も多いかもしれません。

わたしはまず、母のケアプランをgoogle カレンダーにすべて入力しました。入力といっても、入力は1週間分だけ。あとは繰り返し設定にすれば、自動でずっと先まで予定が入力されます。

通院などでイレギュラーでキャンセルする場合も、google カレンダーでその日だけ予定を削除しておけば問題ありません。

母のケアプランを朝7:10と、水曜日15時にGoogle home miniに、自動でしゃべってもらうようにしました。設置場所は、母が一番いる居間の電話の横にしました。

「11:00にヘルパーさん」「15時30分に訪問リハビリ」

時間が来ると、勝手にこんな説明をGoogle home miniがしてくれます。

今は基本は朝1回、水曜日だけ2回予定を言ってもらう設定にしていますが、認知症の母はすぐ予定を忘れてしまいます。

予定を言う頻度を、もうちょっと増やそうかと思っています。例えば、前日の夜に、「明日はデイサービスがあります」と言ってもらう設定です。

今は居間にあるカレンダーに、ケアプランがすべて書いてあって、カレンダーの真下にある電波時計の日付とカレンダーで今日を把握して、母は予定を理解しています。カレンダー単独だと、母は今日が何日か理解できません。

それに加えて、Google home miniが音声でお知らせしてくれます。わたしの労力はゼロで、何度でも母に予定を伝えてくれるのです、たったの2000円で。

新刊『ムリなくできる親の介護』でも少し触れているのですが、ロボットの声に対して、母は違和感なく聞き取ることができます。最初は驚いていましたが、今はGoogle home miniの言葉を理解しています。すぐ忘れてしまいますが。

わたしの東京での利用

盛岡では介護で利用していますが、東京でも生活のあらゆる場面で利用しています。例えば、

  • 「ねぇ、google。今日の天気は? 」といつも聞いている
  • 「ねぇ、google。菊川怜の年齢は?」とテレビを見ながら、聞く
  • 「ねぇ、google。電車動いてる?」と路線状況を確認する
  • 「ねぇ、google。明日の予定は?」と自分の予定を確認する
  • 「ねぇ、google。TBSラジオを流して」と、ラジオを聴く
  • 「ねぇ、google。1時間後にアラームをセットして」とお願いする
  • 「ねぇ、google。ほめて」と気分転換に褒めてもらう

ちょっと昼寝をするとき、今まではスマホでアラームをセットしていました。でも今は、声でセットしています。洗い物をしていて、部屋が静かで退屈だなと思ったとき、声でラジオをつけます。音楽サービスと連携すれば、音楽を流すこともできます。

出かける前の天気予報の確認も、今まではテレビをつけたり、スマホでチェックしていたものが、声で確認するようになりました。テレビで気になる芸能人がいたら、すぐ年齢チェックしてしまいます。

特に、ながら作業の時に便利だなって思います。子育て中のママは、重宝すると思います。音声認識のレベルも高く、誤認識したという記憶がありません。

ただ、google home miniで何ができるかを、最初に知っておく必要があります。

今日はgoogle home miniだけのご紹介で終わりますが、すでに盛岡の実家は声でエアコンをONOFFし、テレビも声で操作し、遠隔でも操作できます。これを介護にどう活用しているかは、近日中に記事にします。

同じスマートスピーカーのライバル、Amazonのアレクサは?この話についても、いずれ触れたいと思います。

スマートスピーカーなんて必要ないと思っていたのに、2000円でこんなに便利な生活に変わるなんて!と驚いています。値段は変動しているので、わたしはかなり安く購入できましたが、それにしても便利です。

まだ使い始めて1か月しか経ってないので、もっと介護に活用できないかを、試していく予定です。利用している人同士の盛り上がりと、使ってない人との溝がまだまだ深いのですが、もっと介護に活用できる予感です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======
08/25(日):大阪市天王寺区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

スマートスピーカー 介護

4 件のコメント

  • スマートスピーカー、エアコンとどうやって連動できるのか、今度教えてくださいまし、ちょっとだけ、欲しくなったかも、スピーカー!

  • 私は去年からアレクサで音楽を聴いてます。
    便利なのは目を醒ましたとき時間を聞けること。工藤さんの記事読んでアレクサにも話しかけました。ラジオも聞けました。
     薬ロボット要らないですね。
    音楽好きの老人に小林旭聴けるよと紹介しました。孫にセットしてもらうそうです。

  • yakoさま

    おっしゃるとおり、『高い』薬ロボットにとって代わる存在になるかもしれないですね。
    うちも音楽サービスと提携しようかな・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか