「祖母の財産」 を認知症の母へ 「相続」 してみた!

「祖母の財産」 を認知症の母へ 「相続」 してみた!

タイトル書くのは5秒で終わるんですが、銀行の相続を完了させるまでに、1ヶ月半かかりました!東京と実家を4往復して、完了です。

財産の使い道はなに?

相続が終わってみて、最初の感想は

「相続人がわずか2人でよかった~」

でした。人数の問題だけではありません。わたしでも銀行の相続ができたもうひとつの理由は、

「もめなかった」

これにつきます。弁護士が登場するような相続だったら、わたしは相続手続きしていません。これでもめてたら、どうなってたでしょうね・・・母の認知症の妄想が炸裂して、周囲の人も困惑したんじゃないかと。

兄弟が異様に多かったり、全国各地に散らばっていたら、戸籍謄本を集めるのだけで疲れます。書類も全員に自筆で書いてもらう必要があるので、これも大変です。

もうひとつもめなかった理由は、わたしが 「財産の使い道を決めていた」 からです。それは、

「母の認知症が、さらに進行した時に使う」

母の認知症の状態は、もうひとりの相続人である母の妹も理解していました。亡くなった祖母を特別養護老人ホームへいれた場合に一度費用の計算をしたので、母の場合も容易に計算ができます。

「この財産だと、ホームには×年くらいしか入れない」

母の妹は自分のだんなさんの介護をしているため、認知症の姉のケアはできないんです。かといって、わたしも今後母の介護費用を捻出してくのはつらいので、この使い道に反対する人は、だれもいないという感じでした。

銀行の相続で必要な書類

  1. 祖母の出生~死亡までの連続した戸籍謄本
  2. 母、母の妹(相続人) の戸籍謄本
  3. 相続人全員の印鑑証明書
  4. 相続人の実印
  5. 銀行指定の相続届、相続預金受領書
  6. 成年後見人終了の閉鎖登記事項証明書

1.の連続した戸籍謄本がすごい!祖母の母の母まで登場するし、縦書きの漢字だらけの戸籍は読めないし・・・NHKのファミリーヒストリーって番組知ってます?まさにあんな感じで、家系図をひも解くような書類です。

亡くなった祖母(90歳)は、大正生まれにしては、かなりファンキーな人です。父違いの兄弟がいたり、離婚したり、父に娘を預けたかと思えば、今度は家を立てて、娘をひきとったり・・・・ネグレクトだったり・・・・保険が大嫌いで、生命保険なんかムダ! 大正生まれですからね・・・ちょっと尊敬しますよ、これは。

こんなんですから、連続した戸籍謄本が6種類もでてきて、役所で6回それぞれ手続き。謄本代だけで、5000円もかかりました。一方、認知症の母は、自分の実印をもともと持っていないか、なくしてしまったので、委任状を作成し、わたしが実印登録。これもなかなか時間がかかりました。

相続届の住所を書くのも苦戦しました。住民票どおりに、住所を書いてもらうんですが、

わたし: 「この住民票どおりに書いてね、数字は ”漢字” だからね」

チラシの裏に大きく赤字で住所を書き、それを母に見せて書く方法をとりました。

母:    「わかった、わかった」

と言った矢先に、”数字で” 住所を記入(涙) その後、”丁目” って書いてね って言ってるのに、-(ハイフン)でつなぐ(涙)

認知症で人の話を聞かなくなったなぁ・・・って思ってましたが、まさか自分の住所を書くのに3か所も間違うとは!!

相続届は実印で訂正しなさい と銀行に言われたので、3か所に訂正印を押したら、もはや住所が朱肉で真っ赤になってました(笑)神奈川から四十九日で来た母の妹に、すでに自筆で書いてもらっている手前、書き直しができずこんなことに・・・・1ヶ月半、いろいろありましたが、ホントいい経験をしました。

祖母の成年後見人はやりましたが、母に関しては成年後見人になりません。今回の相続で母の財産の事も分かったので、あとはこれをエンディングノートや遺言書にまとめて、わたしの妹と情報シェアしていきます。

改めて、エンディングノートは、特に認知症のご家族を持っていて、まだ軽度の人は準備すべきです!

【終活・祖母の死で分かった】認知症の人に「エンディングノート」が絶対必要な理由とは?

2013.12.13
 
今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
2017/12/06発売の自著 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか