小学館「介護ポストセブン」で「息子の遠距離介護サバイバル術」がスタートしました!

介護ポストセブン

新しく、わたしのコラム連載「息子の遠距離介護サバイバル術」がスタートしました!

どこで連載しているかというと、2016年7月28日(木)にできたばかりのサイト「介護ポストセブン」です。このサイトについて、小学館さんよりこのようなプレスリリースが出ました。

「介護ポストセブン」は週刊誌メディア発総合ニュースサイト「NEWSポストセブン」から派生した介護情報に特化したバーティカルメディアです。「信頼できる」「役立つ」介護・福祉等に関する情報をデイリーで情報発信していきます。
引用元:http://adpocket.shogakukan.co.jp/adp/getpdf?pdfID=4745

バーティカルを直訳すると、「垂直の」という意味です。簡単に言うと、縦方向に掘り下げていくこと、ある分野に特化することを、バーティカルメディアといいます。

週刊ポスト・女性セブンさんが、介護に特化した専門サイト「介護ポストセブン」を立ち上げたということです。想定される読者は、親の介護を身近に感じている30~50代の子世代、自分事として考えている70代以上です。

わたしの本を読んでくださった担当の方から、お話を頂きました。サイト運営方針を伺って、わたしのコラムへのスタンスをお伝えしました。

新刊にも書きましたが、「認知症や介護に対して、ネガティブで暗い編集」をわたしは嫌います。どんな取材やコラムのお仕事を受けるときも、必ずこれを最初にお伝えします。それで合わなかったときは、お仕事はなかったことになります。

大手週刊誌さん全般に言えることですが、どうしてもネガティブな編集をイメージしてしまいます。実際お会いしてみると、記者・編集者さんのスタンスもあります。今回、お仕事を受けたということは、少なくともわたしのコラムはそっちではないということです。

こちらでコラムを書くことで、全く違った方にも読んで頂けることを期待しています。まだ立ち上がったばかりですが、いずれ介護系でかなり大きなメディアになると、わたしは思います。

サイトの立ち上げというのは、どんな大手企業でも大変なのですが、わたしはそこに携わるのが好きです。わたしのブログも、今でこそたくさんの方に読んで頂けるようになりましたが、最初は誰にも読まれず、しれっと更新する日々を何ヶ月も続けた結果、今があります。

残念ながら多くの人は、反応もなく、誰にも読まれない時期に耐えられず、ブログを止めてしまいます。その先に面白いことが待っているのに、そこまで待てません。その辛さが分かる分、サイトの立ち上げを応援したくなります。

介護ポストセブンの3つの特徴

こちらも、小学館さんのプレスリリースを引用します。わたしは2.に対応してます。

  1. 「週刊ポスト」「女性セブン」の過去アーカイブも含めた人気介護関連記事を多数紹介
  2. 「介護ポストセブン」独自の取材記事・動画記事展開。「NEWSポストセブン」との連携
  3. 「分散型メディア」対応。現代のコンテンツ消費に合わせたコンテンツ展開を実施。
    動画コンテンツは積極的にSNSのタイムライン表示。

介護ポストセブンの主な内容

  • プロが教える在宅介護のヒント
  • 注目スポット紹介
  • 注目施設ウォッチング
  • 初めての介護データベース
  • 介護食レシピ
  • 介護インストラクターのワンポイントレッスン
  • 週間脳トレ
  • 私の介護日記マンガ
  • 介護注目アイテム
  • 介護マネー学

「息子の遠距離介護サバイバル術」の特徴

わたしが介護で経験したこと、勉強したことがすべてなので、ブログや本をよく読んでくださっている方は、知っている話も多いかもしれません。お題次第ではオリジナルもありますし、小学館さんならではの面白い企画案もあるかもしれないので、楽しみにしていてください。2週間に1回ペースで、アップしていく予定です。

このブログを読んでない方へのアプローチが、メインになると思っています。タイトルの「サバイバル」は、わたし自身の収入のことかもしれません(笑)「きっとうまくいく」介護術というシリーズのキャッチフレーズ、気に入ってます。

介護ポストセブンは、毎日更新です。立ち上がったばかりなのに、すでに記事の量が豊富です。小学館さんが、介護系記事を大量にお持ちだから可能なのですが、それにしてもすごいボリュームなので読んでみてください。

Facebookいいね、Twitterでのフォロー、ブックマーク等、まだまだ少ないのでよろしくお願い致します!下記リンクが、わたしのコラムになります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)