介護とインスタグラムの使い方、Facebook・Twitter世代別の利用率のおはなし

介護 インスタグラム

前から気になっていた、インスタグラムのアカウントを作りました。

きっかけは、わたしの本の検索。ふつうgoogleやYahooで検索するところですが、インスタで検索する知人に出会いました。数は少ないものの、下記のような写真が出てきました。わたしの本の内容を手書きで、手帳に書き写してくださってる!!

https://instagram.com/p/BQ5l4uFFop-/

インスタグラムを使ってみると、認知症や認知症介護に関してはそんなに活発でないです。介護の世界では、モデルをしながら介護の仕事をされている介護福祉士の上条百里奈さんのような方が、インスタグラマーとして影響力があります。

昨年、トークセッションを聞いたのですが、介護LOVEな方でした。やはり画になります、インスタ向きです。

https://instagram.com/p/BN9fv2CBLky/

インスタを見ていると、ブログをやるのは厳しいけど手帳に日記を書いているような方々が、写真を撮ってインスタグラムにアップしたり、イラストや漫画をアップされている方がたくさんいます。例えば、ぱれちにさんという元介護士で現看護師さんが、風船バレーの一コマをマンガにされてます。

フェイスブックやインスタグラムを活用している年齢層

ダイヤモンド・オンラインの記事「増え始めた『インスタグラム中年』と繋がりたくない若者の心理」という記事から、SNSの年代別利用率について引用します。

インスタグラム:20代以下:16.0% 30代:  7.8% 40代:  3.5% 50代:  2.0%
フェイスブック:20代以下:49.3% 30代:38.3% 40代:36.8% 50代:30.8%
ツイッター  :20代以下:52.8% 30代:33.0% 40代:29.5% 50代:24.3%
引用元:http://diamond.jp/articles/-/90062?page=2

Facebookは、上の世代にも強いSNSなんですね。インスタは利用している人が少ないですが、使ってみるとなかなか面白い!

さて、自分はどんなインスタをやろうかと、いろいろ調べました。テーマの統一感であったり、写真の仕上げ方など、また違ったところがポイントになるようです。写真アプリもダウンロードして、使ってます。ただ日常をアップしても面白くないし、継続できて他の人に「少し」役立つことって何だろうと考えた結果、こうすることにしました。

読書記録をやります!

インスタのハッシュタグをいろいろ調べてみると、読書記録なるものがありました。ブログに介護本の書評を書いていますが、実際は介護以外にもいろんな本を読んでます。書評にしなくてもいいかな・・・という本も、かなりあります。

確定申告で新聞図書費の勘定を集計したら、2016年は55,000円。平均単価1000円だとして、年間55冊。1週間に1冊ペースで読んでいたことになります。図書館を利用することもあるから、もっと増えます。

ということで、ジャンル問わず読んだ本をとにかくインスタにアップしていこうと思います。自分の読書記録になりますし、もしブログで紹介してないけどあの本が気になるという方は、気軽にコメントください。

あとは自分の講演会であったり、介護セミナーに参加したものなんかを載せるつもりです。

インスタ独自ルール

本の背景なんですが、スウェーデンのファブリック boras(ボロス・ボラス)を多用しております。そういう趣味があるわけではないです・・・たまたま家にあっただけです。あと左に傾けた本は介護系、右に傾けた本はそれ意外です。

これまで通り、いいと思った介護系の本の書評はこちらのブログでご紹介します。全部をご紹介しているわけではないので、あいつどんな介護本読んでいるんだろう・・・と思われる方は、インスタチェックしてください。

ブログ記事ほどのニーズがないことは百も承知ですが、しれっと続けてみたいと思います。下記写真が、わたしのインスタグラムです。

もしよかったら、フォローしてみてください!↓

Instagram

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)