最近「意味のある偶然」にやたらとぶち当たるのはなぜか?

ここ最近、コラム執筆、取材のご依頼、講演のお仕事を頂くことが多くなりました。

こういったお仕事のご依頼は、すべてこのブログの問い合わせページにきます。お仕事を頂いたときに必ず聞くようにしているのが、

くどひろ
わたしのことは、どちらでお知りになったのですか?

です。多い理由が、

  1. くどひろさんの本を読んで、仕事を依頼しようと思った
  2. くどひろさんのブログを読んで、仕事を依頼しようと思った
  3. くどひろさんの記事(外部コラム)を読んで、仕事を依頼しようと思った
  4. くどひろさんの講演会に参加して、次の講演会を依頼しようと思った

ほぼこの4つで、お仕事を頂いています。このブログも、もうすぐ記事数が1000本になろうとしています。あと半年で丸6年、今まで書いてきた記事すべてが、わたしにとっての営業マンです。

くどひろ
わたくし、こういうものです。くどひろって言いまして、現役の男性遠距離介護者です

営業マンたちが24時間、勝手に名刺を配ってくれていて、その名刺を受け取った方から仕事を頂いています。最近また検索エンジンの影響で、わたしの記事たちは遠くへ追いやられてしまっているのですが、そんな状態にあっても、いろいろとお仕事を頂けて、大変ありがたいと思っています。

もちろん、こういった記事を書いていると「遠距離介護は介護じゃねぇ」「要介護2はまだ軽い」「会社員じゃないから、介護ができる」とまぁ、ブログの外ではいろんなことを言われます。いいコトばかりではないのですが、それでも温かくて優しいご意見のほうが圧倒的に多いので、ネガティブに引っ張られないように努力はしています。

特にブログコメント、講演会のお声かけがありがたくて、それをモチベーションに地道にブログを書き続けています。

最近感じるのは、「意味のある偶然」みたいなものが、そこかしこに転がっているような気がしています。今、仕事でお会いする方々は、ほとんどが単発です。だから、次の仕事につながることはないのですが、何年かして間接的につながりができることがよくあります。

そのとき、その瞬間は、その仕事の意味がよく分からない、だけどチャレンジ精神だけで、とりあえずやってみよう!そんな気持ちで仕事を受けます。それが何年かして、次の仕事につながることはあるし、次の新しい出会いにつながるから不思議です。

だから自分の人生において、父が脳梗塞で倒れたとか、介護離職したとか、祖母が病院のベッドから落ちたとか、母が認知症になったとか、会社員時代に強いストレスを感じたとか、すべて意味のある偶然で、それが長い時間経って、少しずつその意味が分かるようになりました。

たぶん、こういったわたしの人生のイベントは、他人には不幸に見えるのだと思います。30代のわたしは、それなりに凹みましたし、人生終わったとも思いました。なんで、こんなつらい目に合っているんだろう・・・って。でも、気づけば今があって、あの時の落ち込みや、会社行きたくないと思っていた日々も、すべて今につながっています。

そうやって自分の人生と長い時間向き合い、アウトプットしてみると、人生はすべて、意味のある偶然の連続なんだろうなと思います。

ゲッターズ飯田さんのブログに「出会い」とは、「出て」「会う」から出会いって書いてありました。わたし自身は動き回るのは好きですが、それほど出てはいないかもしれません。しかしブログ記事が勝手に出てくれているから、自然と会うことが出来るのだと思います。

ブログでほとんどオープンに出来ていないのですが、今やっているお仕事をいずれご紹介できる日が来ると思うので、少々お待ちください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/10(土):神奈川県横浜市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/18(日):岩手県八幡平市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか