今週発売の認知症介護の新刊『ぼけますから、よろしくお願いします。』の発売前ゲラ読みの感想

ぼけますから、よろしくお願いします。

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」は、広島県呉市に住むアルツハイマー型認知症の87才の母を、耳の遠い95才の父と、45歳で乳がんを経験した都内在住のテレビディレクター信友直子監督が支えるドキュメンタリー作品です。

2018年11月、単館上映で始まったこの作品は反響を呼び、今では全国約100か所、10万人を超える方々が見る大ヒット映画に。2019年10月には、令和元年度文化庁映画賞の大賞を受賞しました。

わたしの映画評は、介護ポストセブンで書きました。信友監督の認知症介護は、遠距離介護でもあるので、そちらの目線で共感してしまったというお話です。

その映画が今週、書籍として新潮社から発売されます。

わたしは、本になる前の「ゲラ」の状態(記事タイトル下の写真)で、ひと足先に読了したので、書籍発売前ですが本の感想を書いてみました。

「 ぼけますから、よろしくお願いします 」の感想

フジテレビ『Mr.サンデー』の総合演出をしている渡邊さんが、この本と映画の特徴を一言で表しています。

認知症の人のドキュメンタリーは見たことあるけど、認知症かもしれないと悩む過程を全部撮っているドキュメンタリーなんて、見たことないですもん。

引用元:ぼけますから、よろしくお願いします。(新潮社)

多くの介護者が「今思えば」、「あのとき、そういえば」という認知症の親の異変を「だいぶあとになってから」気づくので、日記をつける習慣でもない限り、その記録は残っていないことが多いです。

わたしも認知症介護ブログを始めたのは、親の認知症を確信してからです。それまでの1年間の迷いの記録は、全く残ってません。そういう意味でも大変貴重な映像ですし、なぜ撮影できたのかも、本の中で明らかになっています。

そして、認知症介護をしている皆さんが信友家の物語に心酔しながら、介護初期の親への不安や葛藤に共感するはずです。あぁ・・自分もこんな不安を抱えていたと。親の認知症を、なかなか認められず受け入れられなかったと。

眠れない夜も、子どものように泣き続けた日もあったけど、今は認知症の親の言動に理解を示すことができる。誰よりも、自分自身が一番成長していることに、本を読みながら気づくと思います。

母の感情に引きずられて一緒に泣いても、自分の気が滅入るだけで何も解決しない、ということに、誰から指摘されたわけでもなく自分自身でだんだん気づいてきたのです。

引用元:ぼけますから、よろしくお願いします(新潮社)

先輩介護者としてのアドバイス

そんな共感もありながら、先輩介護者としてアドバイスしたくて、仕方なくなると思います。

包括行かないの? 要介護認定はまだ?

わたしは映画を見ながら、もどかしさを感じたのですが、なぜスッとそこへたどりつけなかったのかも、本の中で明らかになっています。

もうひとつ、映画を見ながら感じた疑問がありました。

くどひろ
お父さんもお母さんも、なぜカメラの前で自然に振舞えるのだろう?

カメラを向けられれば、誰もが緊張します。シャンとした認知症の母を撮影しても、ドキュメンタリー映画としては成立しないのですが、その理由も本に書いてあります。なるほど、それなら自然な姿を映像に残せるなと。

お母さんが時折見せる母親としてのプライドや取り繕いは、うちの認知症の母にもよく似ています。皆さんも「わかるわかる」と言いながら、 感情移入して本を読むと思います。

遅読家のわたしが1日で本を読み終えたのは、テンポのいい夫婦親子の会話で展開していく小気味よさと、認知症の母を介護するお父さん、娘さんへの共感からです。

そして、介護するお父さんの優しさやかっこよさにも触れてください。大正生まれの男=超亭主関白というイメージをわたしは持っているのですが、いい意味で期待を裏切ってくれます。

最後に映画を見た方へ。あのお父さん、お母さんは今どうなっているか、ご存じですか?映像では語られなかった新しい物語が、この本の最後に記されています。

「 ぼけますから、よろしくお願いします 」 の発売日

書店の店頭で、阿川佐和子さんや大竹しのぶさんの帯推薦文を手に取って読んでみたい方は、10月23日以降に行ってみるといいです。

発売前の予約段階で、もうAmazonランキングの上位に。めちゃめちゃ売れてます。

ぼけますから、よろしくお願いします。

ぼけますから、よろしくお願いします。

信友 直子
1,500円(11/21 22:49時点)
発売日: 2019/10/24
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか