「医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得」著者 vs 編集者対談を読めば、3倍本が面白くなる!

江波戸裕子

いよいよ本日より、新著 「医者は知らない!認知症介護で倒れないための55の心得(廣済堂出版・健康人新書)」 が書店に並びます。首都圏からなので、地域によっては明日以降という書店さんもあります。

今日は、前作に続き本の制作にあたってくださった、廣済堂出版・編集部の江波戸裕子(えばとゆうこ・上写真)さんとの対談です!

わたしの持論ですが、本の出来は著者も大切ですが、編集者の存在もかなり大切だと思います。どんなにステキな歌詞やメロディでも、編曲ひとつで全く違う曲になってしまいます。本の編集も似ていて、心得の順番やコトバの使い方ひとつで、全く違うものになります。本を制作する上で、どの会社から出版するかは大切ですが、それ以上にどの編集者と仕事をするかで、作品が大きく変わるという人もいます。

わたしが最初に書いた原案は、100m走みたいな内容でした。それを江波戸さんに編集して頂いて、マラソンのような息の長い本に仕上がりました。文章はわたしが書いたものが残ってますが、心得の順番は激しく変わりました。

著者の次、いや、下手すると著者以上にこの本のことを熟知していて、現時点で日本一の読者でもある江波戸さんに、新刊についていくつか質問していきます。

―― くどひろ:江波戸さん、2作続けてありがとうございました!編集の目から見て、前作と今作はどう違いますか?

江波戸裕子さん(以下、敬称略江波戸):前作は、認知症介護の実践的な内容が多かったです。2作目はもうすこし先へ進み、介護者にとっての人生哲学のようなものが書かれていますね。

―― くどひろ:確かに介護する側の考え方の話が多いので、人生哲学のようにも見えるかもしれませんね。今回、編集をしていて、特に苦労された点はありましたか?

江波戸:最初、少し高尚な内容の原稿だったので、読者さんにいかに身近に感じていただけるかで、編集に苦労しました。

くどひろ:そっかぁ、高尚な感じがあったんですね。介護する側の内面を追求していて、それが認知症の方にもプラスになるようにと思って書いたことが、高尚な感じに映ったんですね。でも、最終的には読みやすくなってますよね、難しいコトバは使ってませんし。しかし、今作は途中で順番が激しく変わったので、つなぎの文章を変更したり、戸惑いました。今でもよく分かってないのですが、何度も読んでいるうちに、あ!これが正解なんだって思いました。逆に、わたしに質問ありますか?

―― 江波戸:執筆されていて、なかなか書けないときは、どのようにモチベーションを上げましたか?

くどひろ:モチベーションは、昨年末からの7か月間、ずっと保てていたと思います。だから、校了後の燃え尽きっぷりが、大変でした。ブログが書けなくなってしまって・・・。家の誘惑(テレビ、お菓子、ネット、たまに母)で書けなくなったときは、喫茶店通いしました。最長で8時間、ずーっと喫茶店でPCをカチャカチャやってました。東北新幹線でキーの音を鳴らさないように、執筆したこともありました。

―― 江波戸:くどひろさんは、編集者にどのように言ってもらったり、メールしてもらうと、筆が進みますか?

くどひろ:この前、ライフハッカーの有名書評家である印南敦史さんとお話しました。「良い編集者・悪い編集者」について質問したら、悪い編集者とは「放置する人」と言ってました(笑)わたしも同感です。進捗を適度に確認してくれたり、何よりいい悪いを率直に言ってくれると、筆が進みます。全読者の中で、最も愛のある毒を吐いてくれるのが編集者で、わたしはそれを心地よく感じますよ。

―― くどひろ:読者の方に、これはぜひ読んで欲しいという心得はありましたか?

江波戸:全部読んでいただきたいですが、「自分だけで抱え込まなくてよい」というところですね。

―― くどひろ:あれ?そんな心得、ありましたっけ(笑)わたしがブログを書いている、本当の理由のところかな・・・今作は、どういった方に読んで頂きたい本だと思いますか?

江波戸:認知症の介護だけでなく、他の介護にかかわる方皆さんにも読んで頂きたい内容ですね。

くどひろ:確かに認知症だけでなく、介護している方全般に通ずる内容でもありますよね。

―― 江波戸:ご自身でも、ご自分の本をかなり販促されていますが、そのモチベーションはどこから来ますか?

くどひろ:3つあります。ひとつは、次も出版できると思ってないというのがありますね。きっと今回が最後の出版で、あれだけ時間をかけて書いたのだから、後悔しないように販促しようと。2つ目は師匠である「ブログ飯」の著者、染谷昌利さんの教えです。本の販促を、いろいろコンサルして頂きました。黙っていて売れるほど、甘くないですよね。3つ目は、有名作家の努力を見たからです。どの書店に行っても、百田尚樹先生の手書きPOPがあるんですよ・・あれはビックリでした。

百田さんは書店を見つけたら、立ち寄るそうです。作家とは、そういうものなんだと。あれだけ有名な方が書店を回っているのに、わたしのような作家は、動いて当たり前だろうと思ってます。作家、出版社、取次、書店、いろんな人が関わって作品ができ、販売されるわけですから、著者が頑張らないとダメです!

―― くどひろ:最後に、これから本を購入される方へ、メッセージをお願いします。

江波戸:介護されていると、色々とご自身の気持ちが変化していくと思います。ですので、手元において、そのときどきで読み返されるとよい本かと思っています。まずはお手にとってみてください。

くどひろ:わたしからも、これから購入される皆さまにメッセージを!本の中にあるイラストや写真の箇所は、本のちょっとした山場になっていると思います。全国版の帯のイラストは、この介護生活の中で「本当に」驚いたことを表現していますので、そういうつもりで読み進めて頂ければと思います。

皆さま、愛のある感想(毒入りも可です)、お待ちしております!ページ数は増えましたが、サラッと読めると思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

江波戸裕子
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

2 件のコメント

  • 第二弾おめでとうございます!!
    明日TSUTAYAにいってみます!!!

    家族介護されてる方、本当に尊敬します。
    介護職の私は、そんな方々から学ぶ事は、本当にたくさんあると思っています。
    医療介護が連携するは当然で、そこにプラスで家族様の見解も本当に大事な要素です。
    人の幸せはそれぞれだけど、くどひろさんご家族は、私からみて、いいなーと思うようなご家族様です。
    くどひろさんを育てられた、お母様がよかったんですよね!
    どうかいつまでも大切になさったくださいね。

  • hitominさま

    ありがとうございます!

    家族からみると、逆に介護職の方から「きっかけ」をもらうことがあります。そんなことがちょうど本に書いてあります。

    褒めて頂いてありがとうございます、振り返ってみてもいい母です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)