【重版】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

認知症在宅介護の貼り紙に関するちょっとした工夫

認知症の人に電話の使い方の説明をしたり、トイレの場所を示したり、これやっちゃダメと注意したりしても、「口頭では」すぐ忘れてしまいます。そのため、在宅介護している介護者の中には、「貼り紙」で注意喚起しているご家庭が多くあります。

特にうちのような遠距離介護の場合は、親と常に一緒に居るわけではないので、貼り紙がものすごく効果を発揮します。今日はこの貼り紙に関する、わが家のちょっとした工夫をご紹介します。

認知症の母のトイレのふた問題

ねぇ、トイレのふたは開けとくの?閉めるの?
くどひろ
閉めて!

今年になって、「疲れるほど」このやりとりをしたので、久しぶりに「貼り紙」で母の質問回数を減らす工夫をしました。

これまでは、母が洗濯機に尿パッドを入れたまま洗濯してしまい、透明な吸水性ポリマーが洗濯槽、衣服に付着する大惨事が何度となく繰り返され、復旧に2時間以上費やすのが本当にイヤになって、洗濯機の前に貼り紙をした経緯があります。

今回はトイレのふた問題と、お風呂場に便を流す問題を解決すべく、貼り紙を2枚用意しました。

介護家族の貼り紙の方法

googleの画像検索で「認知症 貼り紙」で検索してみてください。多くのご家庭が、貼り紙を「セロテープ」等で貼ってます。

うちもセロテープで貼り紙をつけていたのですが、母が違和感があるのか、紙がめくれたり、風でピラピラなびいたりして、すぐはがしてしまいます。しかも理解していないのに、「もう分かった、大丈夫」とか言います。

貼ってははがされるを繰り返した結果、たどり着いた答えが貼り紙をラミネートすることでした。

貼り紙をラミネートする方法

わたしの場合はまず、パワポかWORDでA4サイズの貼り紙をカラーで作成します。貼り紙をラミネートするためには、ラミネーターとフィルムが必要になります。

ラミネーターの選び方ですが、ローラー数が多いほど仕上がりがキレイになります。わたしのラミネーターはローラーが2本しかないため、A4サイズをラミネートすると少し波が出てしまいます。

写真のL版サイズだと、波の問題はありません。また、ウォームアップ時間があり、温まる時間が長いとイヤ!という方は、購入前にチェックしたほうがいいと思います。

フィルムですが、100ミクロンが主流です。200ミクロンはがっちりしていて、家庭の貼り紙なら100ミクロンで十分です。ちなみに今使っているラミネーターを選んだ理由は、価格とフィルム調達のしやすさです。ラミネーター自体は、3000円くらいだったと思います。フィルムは、100枚入で800円以下です。

フィルムはネットで購入できますが、急に必要になってホームセンター等で購入することもあります。うちはナカバヤシ製が調達しやすかったので、フィルムに合わせてラミネーターもナカバヤシにしました。安いところでは、アイリスオーヤマもあります。

ナカバヤシ NEL-101A4D(生産終了?)
ラミネートフィルム
ラミネートフィルムもナカバヤシ

A4サイズの普通紙で作った貼り紙を、フィルムの中に入れます。

フィルムにA4の普通紙を入れる

フィルムごと、ラミネーターを通したら完成です。

ラミネーターからラミネートされて出てきた貼り紙

貼り紙を早速トイレに貼ったのですが、トイレのふたに貼ろうか、扉に貼ろうか悩んだ末、掃除のしやすさを考えて、扉に貼りました。

母の反応は、「かわいいわね!」でした。下記イラストの女の子が、好評だったようです。「今のところ」は効果を発揮していて、ふたの質問はしなくなり、きちんと閉めてくれるようになりました。

トイレのドアに貼りました!

今のところはというのは、いずれ貼り紙に慣れ、景色のようになると効果を発揮しなくなることもあるため、そう書きました。

ラミネーターを買う必要ある?

認知症介護だけのために、ラミネーターを購入するかどうかは、迷うところだと思います。とはいえラミネーターとフィルム合わせて、4000円~5000円くらいなので、投資ストレスはそうでもないです。貼り紙をはがされたり、何度も注意するのが面倒だったりなど、介護ストレスの度合いによるかもしれません。

また、ラミネートしたからといって、認知症の人が貼り紙をはがさない保証はないのですが、うちはラミネートしてからは1度もはがされておりません。ラミネートしたおかげで、貼り替えのメンテナンスがなくなり、何年にも渡って効果を発揮し続けております。

わたしは自作POPを書店さんに配る際にも使っているので、ラミネーターはそちらがメインで、たまに貼り紙用に使っている感じです。

2020年7月発売の新刊『親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと』(翔泳社)でも、この貼り紙について取り上げました。そちらにはラミネーターのことではなく、貼り紙の介護の本質的なところを書いたので、読んでみてください。

このブログでご紹介してきた商品は、うちも使っているとか、使ってみてよかった!という感想を多く頂いているのですが、ラミネーターの紹介は初ですし、在宅介護者のニーズがあるのかは不明です。マニアックな気もしますが、1人でもニーズがあればと思い、発信を続けてきました。

わたしが使っているラミネーターは古いので、同じナカバヤシ製の近い商品のリンクを貼ります。

ナカバヤシ ラミネーター クイックラミ A4 72074 NQL-101A4BK

ナカバヤシ ラミネーター クイックラミ A4 72074 NQL-101A4BK

5,401円(10/25 22:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
11月7日(土)東京都葛飾区【満席】 → 締め切りました
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

8 件のコメント

  • 手だけでできるラミネートフィルム、100均にもあります。
    A4サイズは貼り紙に使っています。強度がわからないため替えをストックしています。
    写真サイズもあり、病院の長い待ち時間ではラミネートした昔の母の写真を何枚か持って行き、繰り返し見せて昔話をして、気をそらしてくずらせない対策に使っています。

  • 貼り紙と言えば、
    いろいろな注意の他に

    お母さん大好きだよ
    元気なだけで、百点満点!

    と書いて、すべての部屋に貼りました

    恥ずかしいとか、怒られるかなと思ったけど
    にこにこしてました

    骨折で入院した時は
    元気は使えないので、

    リハビリがんばってるんだね
    今のままで百点満点!
    に変えました

    退院した今は、グループホームの部屋に

    お母さん大好きだよ
    本当にどんどんよくなってるね
    リハビリがんばってえらいから、百点満点!
    と書いてあります

    大好きだよは、魔法の言葉です

    自宅で暮らしてた最後の一ヶ月は、
    実家も本当に、注意の貼り紙だらけでした

    くどひろさんみたいに、イラスト載せられないから
    A4のコピー用紙に、細いマジックで大きな字で書きました

    リモコンは、失くしてしまうから、机に張り付けて
    はがさないで!
    と書きました

    まだ、母がグループホームに入って、4ヶ月だけど、なつかしいです

  • ふくいさま

    なるほど、その手がありますね!
    100円均一のラミネートの強度はいかがですか? わたしも昔の写真を持って行って、祖母と母に見せていたことを思い出しました。

  • ままりんさま

    ステキなコメント、ありがとうございます!本当にいいお話ですね、すばらしい!!
    母の認知症が進行したら、わたしもやってみようかな。今はまだ照れくさいかもです。
    もうお一方のコメント、ふくいさんの100均ラミネーターいらずのラミネートいいかもですね。

  • 母が自立していた頃、
    あれしちゃだめ、これしちゃダメの禁止と
    ああしろこうしろの命令ばかりだと
    家の中が、冷たくなるんです

    私はイラストが描けないから
    可愛いシールを貼ったんだけど
    そのシールが
    内容と全然関係なくて、ただかわいいシールだったから
    今度はシールのお花とかお人形とかに意識がいってしまうんです

    そして、できない、これをしてはいけない
    そんなことばかりに囲まれると
    母が自分はダメなんだって、落ち込んでしまうんです

    母はこんなにも頑張って、できない一人暮らしをしてくれてるのに
    そう思ったら切なくて
    すごい勢いで
    大好きだよ 元気なだけで100点満点
    でかいて貼りまくってました
    だめなんかじゃないよ、偉いんだよって

    くどひろさんみたいに
    内容に直結した、可愛いイラストがあればいいんですけどね

    あの時に、今、くどひろさんの使われてたような、可愛いイラストがどこかに売ってたらなあって
    もう遅すぎるけど思いました

    認知症の症状なんて、
    種類は多いけど、みんな一緒だから

  • いつもヒントをありがとうございます。
    ままりんさんの 大好きだよ、100点満点 張り紙素敵ですね。

    素朴な疑問ですが、くどひろさんのトイレのフタは閉める、はどうして閉めるのですか? トイレをすぐにできるよう、我が家はフタ開けっ放しなのですが、良くないのかな?

    我が家は、玄関の電気を夜つけておくか、消すかを何度も聞きます。どちらでもいいので、張り紙ができないのが難しいところです。

  • ままりんさま

    そうなんですよね、よかれと思って貼り紙を多用してネガティブパワーが出ますよね。
    うちは貼り紙枚数少なめですが、認知症の進行とともに増えてきました。

    ぐりりんさまのコメントにも、ステキと書いてあります!
    イラストはネットから無料ダウンロードしたものを使ってます。

  • ぐりりんさま

    ラミネーターをご紹介しつつ、ふくいさまのコメントの100均のラミネーターなしのフィルムがいいかなと。(使ったことがないので、強度はどうなのか?)

    トイレのふたを閉める件ですが、菌やウイルスの拡散を防ぐためや、母が手足が不自由で壁やいろいろなものに捕まるので、蓋が開いていると落ちちゃいそうだからです。わたしのスマホ落下防止もあります。開けっ放しのおうちもあるようですし、それぞれかもしれません。

    照明に関しては、うちは母が分からなくなってしまったら人感センサー付きLED電球にしようかなと思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
    【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか