【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

【思った以上に緊張した】認知症とお餅のはなし

認知症とお餅

1月はお餅を食べる機会が多いかと思います。

今年は妹の嫁ぎ先で大量に餅をついたらしく、そのお裾分けをもらいました。農家のついたお餅なので、わたしも食べたくなって餅を食べることにしました。

ここからは母とわたしのもち談義をご覧ください。

くどひろ
この餅、うまいよー。今回はね、岩手産のあんこと青きな粉にしてみたよ。
あらー、おいしそうねー
くどひろ
ちゃんと噛んでよ、少しずつ飲み込むんだよ!!
分かりましたっ
くどひろ
(2回目)ちゃんと噛んでよ、少しずつ飲み込むんだよ!!
分かりましたっ
くどひろ
(3回目)ちゃんと噛んでよ、少しずつ飲み込むんだよ!!
分かりましたっ

皆さんご存知のとおり、1月は高齢者の餅の事故が多い月。嚥下機能はしっかりしている母ですが、認知症なのでわたしが言ったそばから忠告を忘れてしまいます。

母があんこ、きな粉餅を口に運ぶたびに、「ちゃんと噛んでよ」これを延々と30分以上続けました。なんという緊張の連続・・・餅ってこんなに緊張感のある食べ物か?

母はインスタントラーメンはほとんど食べませんが、たまに食べるとえらく喜びます。今回は餅だけだと足りないので、赤いきつねを作りました。

  • 餅を食べてるとき・・・緊張
  • 赤いきつねを食べているとき・・・安堵

餅を食べるときは、母を凝視。赤いきつねをすする時は、リラックスしてテレビを見る・・・そんなお昼でした。赤いきつねは久々に食べたいかなぁと思って買ったのですが、まさか安堵の時間を提供してくれるとは予想もしてませんでした(笑)

デイサービスでお雑煮が出たのですが、きっとデイ職員の皆さんはわたしと同じ思いをしながら利用者さんの食べる姿を見ているんだろうなって思いました。

認知症と餅のまとめ

  1. 餅自体は噛む回数が増えるので、脳への刺激にはなる
  2. 並行作業が苦手な認知症の方は、話しかけると気が散るので食べることに集中してもらう
  3. 誰かが必ず監視する

こんな事を考えながら、お餅と格闘しました。あとは何かあるかな・・・

ちなみに嚥下が困難な方には、株式会社ふくなおさんが出している「さっくりお餅」というのがあります。ふくなおさんって、やわらかおせちなんかもやっているんですよね。

認知症の方にとってお正月感というか、こういう行事っぽい感じって大切ですよね。嚥下機能が落ちたとしても、こういった演出はしてあげたいと思ってます。

初めてきな粉を自分で扱ってみたんですけど、思った以上に砂糖入れるんですね。母はクルミだれやゴマだれのお餅が得意でしたが、今はもうできません。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか