7/29(水)発売 新刊の最新情報はこちら!

亡くなった認知症の祖母と認知症の母の行動が酷似していた

亡くなった祖母(享年90歳)は、アルツハイマー型認知症でした。やや高度と呼ばれるレベルまで認知症が進行。徘徊や弄便なども症状もありました。

その介護をしていたのが、認知症になる前の母(70歳)です。母は特に認知症の勉強をしていたわけではないので、祖母に対しては厳しくあたりました。

母: 「冬なのにそんな薄着して!風邪ひくでしょ!雪があるのにサンダルで外でちゃだめでしょ!」

母: 「そんな古い物食べて!おなか壊すよ!」

母: 「なんでお風呂入らないの!臭いよ!」

こんな調子だったそうです。この頃わたしは東京で生活、年1回の帰省でした。妹は娘を連れて実家に帰り、母の対応をずっと見ていました。それから数年が経過した現在、妹と話をする機会がありました。

わたし:「今週はさぁ、3つほど困ったことがあってさー」

「薄着&サンダルで、雪かきしたがる」

「いつのものか分からない残りものを食べる」

「風呂に入らず臭い」

すると、妹が

「お母さん、おばあちゃんとおんなじだ」

と。亡くなった祖母は薄着で徘徊していたし、残り物を食べたがる、そして風呂に入らない。今の母と全く同じだというのです。

「認知症の祖母がやっていた行動は、その娘である認知症の母にそのまま受け継がれている」

ということなんです。症状自体が遺伝するという情報は見かけたことがないのですが、うちはしっかり遺伝されているようです。はっきり違うところが一つだけあります。

「早期から認知症治療を行っている」

ということです。亡くなった祖母に対しては、デイサービスに通わせるなどの後処理的対応しかしなかったのですが、母に対しては先手を打っているので、同じような進行にはならないはずなんですが・・・

進行したら、弄便や徘徊などに移行していくんだろうか・・・・

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


7/29発売 予約受付中!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親に特化した新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」で介護の模様とブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ