自分はどのタイプのストレスに弱いのかを考えて認知症介護をする

ストレスを抱える女性

認知症の親を介護している方とお話をしていると、同じものを何個も買ってくる親に対して激怒し、ストレスで耐えられない!という人もいれば、それこそ「しれっと」して、笑っている方もいます。

短時間の会話だけでは分からない、これまでの親子関係であったり、その介護者の生き方やストレス耐性にもよるので、同じ症状であっても反応はいろいろです。

特にストレス耐性に関しては、ストレスのタイプ別に強い、弱いがあるはずで、わたしも認知症介護に関しては、割となんとかなる、大丈夫、誰かに頼ると思っているタイプですが、他のストレスにはめっぽう弱いです。

わたしがストレスを抱えやすいこと

わたしは仕事上の人間関係で、一番ストレスを抱えやすいタイプです。

仕事相手をなんとかするのではなく、自分のメンタルをコントロールすることで20年近くの会社員生活を乗り切ってきたのですが、それでもどうにもならないこと、人としてあり得ないと思った経験も多々ありました。

今も仕事はしていますが、単発でお会いする方が多いので、ストレスを抱えずに済みます。嫌いな人と、1日8時間も職場で一緒に仕事をしなくていいです。

次に仕事自体のストレスです。やりたくない仕事をやるストレスも抱えやすくて、特に管理職になってからは、そのストレスが大きくなりました。

今はやりたい仕事をやっているので、そういったストレスがありませんし、仕事の内容も全く同じものがありません。

ルーティーンが好きじゃないので、今のようなクリエイティブな仕事は面白いし、飽きません。本当に天職で、ストレスは目の疲れぐらいかな。

わたしの場合、退社したあとの夜も、朝起きてすぐも、そして休日も仕事のことが頭から離れなかったので、1日中、仕事のストレスにさらされておりました。

ストレスになる原因は、次の3つだそうです。厚労省のサイトから引用します。

私たちのこころや体に影響を及ぼすストレッサーには、「物理的ストレッサー」(暑さや寒さ、騒音や混雑など)、「化学的ストレッサー」(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)、「心理・社会的ストレッサー」(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)があります。

引用元: https://kokoro.mhlw.go.jp/nowhow/nh001/

混雑のストレスにも弱いので、満員電車を回避できているのは本当に助かってます。

介護者の皆さんも、自分がどういったストレスに弱いのかを見極め、そこから遠くへ逃げるためにはどうしたらいいか、考えてみると介護自体も変わるかもしれません。

仕事上のストレスを抱える人が多いので、引用した厚労省のサイトをご紹介して終わります。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ストレスを抱える女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか