認知症の母のデイサービスの準備は異様に早いです!

デイサービス 準備

認知症の母はデイサービスに通い始めて、3年半が経過しました。

遠距離介護が始まってすぐ(6年前)に検討したデイサービスは、ケアマネが所属する系列のデイサービスでした。わたしはそのデイの見学に行ったのですが、利用者の平均年齢はおそらく80代前半。

認知症も割と進行した人が多く、当時69歳でまだ認知症もさほど進行していない母とはマッチしないだろうと思い、ケアマネに断りの連絡を入れました。それから生け花など近所の習い事に通わせようと母と一緒に行ったりもしましたが、どれもうまくいきません。

デイに行けず、2年以上わたしが悶々としていたところで今のデイサービスと出会い、3年半のお付き合いになります。

デイ前日夜の認知症の母の様子

今日は疲れたから、明日はデイ休むかな。
明日、買い物いかねばねーの。

デイサービス前日の夜は、母がデイに行きたくないという話を毎回聞かされます。特に用もないので疲れることもないのですが・・・。わたしはというと、

くどひろ
盛岡にはあんなデイはないって。今入りたくても、すでにキャンセル待ちらしいよ

ステキなデイなので、なかなかない!というのは本当の気持ちです。ただ、キャンセル待ちに関しては、話盛ってます。(ひょっとしたら、本当にそうかも?)

デイに行きたくないという母をその気にさせ続けたせいもあって、たまに

わたしのデイは、キャンセル待ちがすごいって

とか言い出すこともあって、ちょっとやり過ぎかなと自省することもあります。そんなデイ前日のやりとりはあるのですが、ここ3年くらいはほぼ皆勤賞なのです、実は。

デイ当日の朝の様子

前日から何度もカレンダーの予定をチェックし、デイの連絡帳に書いてある次回デイに行く日も何度も見ます。デイに行く日、母は朝4時とか5時に起きます。認知症であっても、デイに行くぞ!というスイッチは入るみたいです。

それこそ以前は、椅子にしがみついて「いぎだぐない~」とか言ってましたし、東京から電話で30分説得したりと、それはそれは大変な日々でした。だから、早起きぐらい喜んで付き合いますし、前日ぶーぶー文句を言いながらも、きちんと行ってくれるだけありがたいし、感謝しています。

わたしはね、小学生の時、学区外だったから、とにかく準備が早い人なの

これが口癖の母はデイの送迎が8時45分くらいなのに、8時には外に出てデイの送迎車を待とうとします。

わたしはね、足が不自由だから、靴を履くのに時間がかかるの

とにかく人を待たせるのがイヤで、余裕をもって行動したい母。ちなみに靴を履くのにかかる時間は10秒程度で、全く時間がかかりません。ただ本人のイメージが、靴を履いて玄関を出て準備するのに30分くらいかかるみたいです。

特に冬は大変です。氷点下の極寒の外で30分以上待とうとするので、わたしはトークでなんとか家の中に居るように努力します。

くどひろ
ほら見て、このニュース。殺人だってよ、殺人!

テレビを見せて、なんとか家の中にとどめます。夏は夏で熱中症の心配があるので、我が家の8時から8時30分はいつも必死です。デイ送り出しを担当しているヘルパーさんもきっと、わたしのような戦いを強いられているのだと思います。

わたしもいない、ヘルパーさんのデイ送り出しもない日が週1日あるのですが、その日はおそらく30分以上前には、家の車庫にあるベンチに座って、ずっとデイ送迎車を待ってるはずです。

いろいろあってもきちんとデイに行ってくれる母には感謝していますし、その行動自体が認知症の進行を遅らせているものとわたしは信じています。

栄養面でもプラス、他の人と話していることもプラス、料理や買い物をすることもプラス、デイはいいことしかありません。以前は下痢、風邪、腹痛など、あらゆる仮病を使ってデイのお迎えを追い返した母です。それがまさか、皆勤賞になるとは・・・最期まで続けて欲しいと願っています。

それまでは騙し騙し、母をデイに送り出し続けようと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
9/8(土):北海道札幌市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

スポンサーリンク

 
デイサービス 準備

1 個のコメント

  • お母様、時間にきっちりされているんですね。
    時計を15分遅らせておく作戦は、、バレるのでしょうか?

    さて、関西では大きな地震があったので、先週は会話が面倒臭かったです(^_^;)。
    幸い被害は何とも無く。
    しかしあの大きな揺れの5分後には父はもうすっかり忘れていて、
    TVを見るたびに騒いで大変でした。
    (一々TVの前まで呼びつけて無視すると怒る、、)
    今回は、メディアもそればかり報道するという感じでもなかったですが、
    逆に日中は災害の報道をしない放送局
    (子供など不安を感じ易い人用に、心落ち着く番組のみ放送)が
    一つくらいあっても良いんじゃないかとフト思いました。
    まぁ、ビデオに切り替えれば良いだけなんでしょうが。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか