介護家族が医療・介護職へ感謝の気持ちを示す方法

医者 介護職 感謝 伝える

だださんの介護ブログ『猫とビターチョコレート』に、こんなことが書いてあった。

我が家には昔からヘルパーさんに来てもらっているのだけれど、自分自身がヘルパーとして働くようになって初めて「これダメだったんだ!」と知ったことがある。無意識で、あるいは善意で、ヘルパーさんを困らせてしまうこと。それは「お茶出し」だ。
引用元:http://dadacat.net/blog/care/post-4168/

わたしも介護職の方へのお礼の仕方を、何度か間違えたことがある。

一番ひどかったわたしの間違い

今から6年前。

わたしは当時のケアマネに「祖母の次は、母がお世話になるからよろしく」と事務所にご挨拶に行った。

社会人としての一般常識、ケアマネに東京で買った菓子折りを持って行ったのだ。

しかし、ケアマネは「こういうものは受け取れない決まりになっている」という。

何度かチャレンジするも、ケアマネは頑なに「いらない」と。

よりによって、ケアマネの所属する事務所のソファで渡すなんて、無知にも程がある。

この件を機に、介護職の方へ「もの」を渡すことはやらなくなった。

祖母が亡くなり、病院へご挨拶するときは、病院のソーシャルワーカーに質問した。

「ご挨拶に行くとき、お菓子とか持って行ったら受け取ってもらえるのですか?」

「工藤さんから聞いてしまった以上、受け取れないのですが・・・」

含みを持たせてくれた回答で「聞いてしまったけど、聞いてなければ受け取る」とわたしは判断したので、病院へはお菓子を持って行ったことがある。

病院は、感謝の気持ちを受け取ったり受け取らなかったりすると思うのだが、皆さんの病院はどうだろう?

感謝の気持ちを表したい認知症の母

母は今でも、ヘルパーさん、理学療法士さん、訪問看護師さんが家に来ると、「お茶を出さないとダメよね」と必ず言う。

「決まりで、お茶は出しちゃダメなんだよ」と毎回言うのだけど、母はもらったものは必ず返さないといけないと思っている。

母の気持ちはよく分かるが、お茶を出してしまうと介護職の方も「断る」という仕事が増えてしまう。

「どうぞどうぞ」
「いえ、だめなんです」
「そんなこと言わずに、まぁまぁ」

介護の仕事以上に、気疲れさせてしまうことになる。

以前、お世話になった作業療法士さんとお別れすることになり、なんとか感謝の気持ちを伝えられないか・・・と考え、こういう方法で感謝を示したことがある。

介護職の方への感謝の表し方

本当は、作業療法士さんにお菓子をあげたい。

でも、受け取ってもらえないだろうし、向こうにも気を遣わせる。

いろいろ考えた結果、「母からの感謝の手紙」を渡すことにした。

当時のこの記事はそこまで読まれなかったけど、だださんのブログを読んで真っ先に思い出したのがこの記事。

わたしと母が、作業療法士さんに手紙を書くまでの一苦労を綴ったもの。

「ありがとうが言えない」認知症の母にとって感謝のメッセージがこんなにも遠かったというはなし

2016.02.12

認知症だから、作業療法士さんとの思い出がなくなっていて、感謝を示すのに苦労したという話だが、菓子折りはダメでも手紙ならお金もかかっていないし、それでいて気持ちは菓子折り以上に伝えられるのだから、これ以上いいものはないと思っている。

ただ、この記事のように感謝の意を伝えるのに、介護者は苦労するかもしれない。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
08/31(金):岩手県盛岡市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
09/08(土):北海道札幌市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか