介護にも人生にもとにかく「遊び」が大切という話

介護 遊び 余裕

介護も人生も自分の思い通りにいかないということは、よくあることです。

デイサービスに行ってもらおう、お風呂に入ってもらおう、ご飯を食べてもらおう、病院へ連れて行こう、介護していても自分の理想とは程遠い結果になってしまうことは、日常だと思います。

わたしも34歳のときに、父の脳梗塞が原因で、思いもよらぬ方向へ人生の舵を切らないといけなくなりました。

このように、介護も人生も思い通りにいかないときのために常に「遊び」を持っておくことで、イライラしなかったり、落ち着いて行動ができるようになります。

ものわすれ外来へ行く前の時間

ものわすれ外来へ母を連れて行くときは、だいたい午前10時で病院を予約します。

わたしは9時に格安レンタカー屋まで行って、手続きして、家まで戻ります。それでホワイトボードに「9時25分出発 診療所」と書きます。認知症の母はすぐ忘れてしまうので、居間で座っている母の前にそのホワイトボードを置きます。母は何度も確認しながら、出発の準備を自分でします。

9時25分になって「診療所、行くよ!」とわたしが言うと、「あれ、ちょっと待って。メガネがない。」と母は言います。別な日は「あれ、ちょっと、財布がどこか行った」となります。

かなり高い確率で「出発前のもの探し」が始まります。うちはキーファインダーを使って、失くしやすいものに受信機をつけていて、リモコンボタンを押すと「ピーピーピー」となって、すぐ失くしたものが見つかります。ところが、最近は財布の置き場所がトリッキーになってきました。

先日は、台所のお盆とかを入れる縦長の棚の奥に、なぜか財布がありました。ピーピーなっているのに、まさかそこにあるなんて思わないから、10分以上探すことになりました。「どこ、どこでピーピー鳴ってる?」と言いながら、棚という棚を開けまくって、やっとのこと見つけました。

普通なら「どこにやったの!財布!」とつい文句を言い、イライラするこの場面。わたしもいつも優しいわけではないので、たまには文句も言います。しかし、本気で怒ったことはありません・・・なぜか?

本当の出発時間は「9時40分 診療所」だからです。診療所までは車で20分もあれば、到着します。ホワイトボードには、わざと「本当の出発時間 ー 15分」を始めから書いておき、このもの探しの時間も含めていたわけです。この15分が「遊び」です。まだ実は時間あるんだよね~の気持ちが、自分自身の本気の怒りスイッチを入れないのだと思います。

もの探しの必要がない日は、しれっとホワイトボードを「9時40分」に書き換えます。

うまくいったらラッキーの気持ち

おそらく多くの介護者の皆さんが、ショートステイやデイケアへの送り出しのとき、自分の思っているとおりにならなかった経験はあるはずです。「ほら、お迎えが来たよ」と言っても、うまくいかないこともよくあります。

特に介護は自分の想定したとおりに物事は運ばないので、常に「うまくいったらラッキー」程度に考えておいて、何かしらトラブルの1つや2つはあるくらいで考えておく、時間・心の「遊び」が大切なんじゃないかと思います。

自分の人生ですらコントロールできませんから、常に「遊び」を持って介護していると、うまくいかなくて怒ったり、悩んだり、苦しんだり、泣いてしまったりする回数はグッと減るとわたしは思います。自分を守るための「遊び」です。

多くの方はすでに実践していることだと思うのですが、疲れていたり、忙しかったりすると、自然と「遊び」の幅がどんどん狭まってしまうものです。改めて「遊び」の幅を元に戻して、ご自身の気持ちをリフレッシュしていきましょう!

毎日怒ってばかりいたら、疲れますからね。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 
介護 遊び 余裕

2 件のコメント

  • 「遊び」って大事なんですね。
    私は、うまくいかなくて、怒ったり、悩んだり、
    苦しんだり、泣いたりするばかりの毎日です。
    しめしめと、笑えるようになりたいです。
    相手が鬱に迷い込んだ時の「遊び」心ある対応があれば、ぜひ一つ教えてください。m(_ _)m

  • さゆさま

    わたしも会社員時代、鬱のチームメンバー2人と接するときに、とにかくいつも通り、普通に接することが大切と知り、そればかり意識していたことを思い出しました。
    意識している時点で「遊び」がなかったんですよね。結局、時が流れ、1人は部署移動。1人は復帰しました。単なる体験談です・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか