2018年内に行われるわたしの講演会の予定と4作目の本の進捗状況

介護 講演会 予定 講師

お盆休みに入り、ふるさとでゆっくりされている方もいるかもしれません。

わたしは9日から盛岡に居るのですが、いつも乗っている新幹線の安いチケットが取れなくて、ほぼ定価でチケットを買いました。

今日は、2018年12月末までのわたしの講演会の日程と、現在絶賛執筆中の4作目の本についてのお話です。

2018年の講演会のお知らせ

ブログでご紹介した講演会(現在受付中)はこちらになります。

8/31(金)岩手・盛岡で家族介護者リフレッシュ講演会(無料)を行います!

2018.08.03

【中止】9/8(土)北海道・札幌市で認知症介護の無料講演会を行います!

2018.06.29

この2つ以外は、ザックリと都道府県レベルで告知します。日程は確定しているので、いずれブログで市区町村レベルまでご報告します。どれも無料の講演会の予定ですが、地域住民だけとか参加条件があるかもしれないので、追ってご連絡します。認知症介護のテーマが軸にはなっていますが、リクエストがいろいろありまして、すべて違う内容になると思います。

10月  3日(水):岩手県
10月31日(水):神奈川県
11月10日(土):神奈川県
11月18日(日):岩手県
11月25日(日):茨城県
12月16日(日):佐賀県

こちらに関して、場所やテーマ、参加条件などをお問合せ頂いても、回答しませんのでご了承ください。

この他に、お問合せベースで何件か頂いております。2018年に関してはこのような状況に加え、次にご紹介する4作目の本のこともありますので、日程的にはかなり厳しくなってきております。2019年のお問合せも頂いておりますが、こちらはかなり余裕があります。

理由はよく分からないのですが、2018年になって急に講演依頼が増え始めました。ほとんどのご依頼はブログお問合せからお申込み頂いておりますが、講演会場までいらして、わたしの講演の品定めをしてから、お声かけ頂くパターンも結構あります。

わたし個人ですべて日程調整から予算までやっておりますので、少しお得かもしれません。(講師派遣の代行会社は、代行料金が上乗せされています)

4作目の本進行中

なんとか秋頃(かなり含みを持たせていますが)の完成を目指して、1日にカフェ(都内と盛岡)を数か所転々としながら執筆をしています。朝から晩まで、ずーっと書いては直しを毎日繰り返しています。作業はヘビーですが、やっぱり楽しいです。

今までの作品の中で文字数は一番多いですし、本の作り方も今までとは全く違います。まだまだ完成までの道のりは遠いのですが、打ち合わせ段階でもうワクワクしています。

3作目の時は紀伊國屋書店新宿本店さんと、さわや書店ORIORIさんで出版記念イベントを開催したのですが、今作はそういったイベントがあるかどうか・・・これは出版社の方と、書店さんが決めることなので、わたしはただ依頼を待つのみです。もしイベントがあると、上の講演会にさらにプラスされるので、2018年後半は本当に忙しいかもしれません。

わたしのスケジュールはこんな感じですが、もちろん母をものわすれ外来、歯医者、眼科へは連れて行かないといけませんし、先日の母の健康診断の結果を聞いたり、春に延期になった富士山旅行のリベンジも計画しております。

盛岡での滞在期間を短くして、その代わりに帰省頻度を増やすという方法でなんとかすることにしました。

お盆でゆっくりできる方はどれくらいいるか分かりませんが、お盆明けにこのブログにいらっしゃる方の数は毎年増えることだけは、間違いありません。お盆は、久々にあった親の異変に気づく時期だからです・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/27(日):埼玉県越谷市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓12/20発売の新刊、現在ご予約受付中↓】
スポンサーリンク

 

介護 講演会 予定 講師

2 件のコメント

  • こんばんは。みどまるです。
    思い起こせば私も、駅4つの近居であったにもかかわらず、一月以上実家に行かないなんてザラでした。昨年末に実家に行った時に母の異変に気づき、年明けに物忘れ外来受診。
    もっと早くなんで気づかなかったか…と後悔があります。同居の父と弟は病院に行くと言って初めて事の重要性に気づいたようでした。
    お盆の帰省で気づく親の異変…身につまされます。
    でも、こういうblogがあるから救わらますね。
    無知は最大の敵、ですね。

  • みどまるさま

    無知は最大の敵・・・その通りかもしれません。選択肢がないということは、自分の介護の幅をも狭めてしまいます。
    ブログお褒め頂き、ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか