コロナ禍で親の認知症が気になる方はこちら!

【手足の不自由な母】手すり設置に8年もかかったワケ

手すり

先日、ケアマネとヘルパーさんと、認知症の母の今後について話し合った記事を書きました。

ケアマネの質問「お母さんの介護、家族としてこの先どうお考えですか?」の答え

要約すると、ヘルパーさんによるデイサービスへの送り出しの回数を、週1回から2回に増やすというもの。そしてもうひとつの話題が、今日の記事「手すり」でした。

バリアフリーの反対語「バリアフル」

この話し合いの数日前、偶然、理学療法士さんと訪問リハビリの最中に「手すり」の話をしました。

母はシャルコー・マリー・トゥース病(CMT)という難病を抱えていて、手足の筋肉が萎縮しており、日常生活に不便を強いられています。

例えば、つま先を上げることができないのでスリッパが履けず、歯医者も靴下のまま(すぐ下の写真)。ペットボトルのふたが開けられない、自動販売機にお金が入れられない、立ち上がり動作が緩慢などがあります。

歯医者の写真。わたしは左、母は右。

母のCMT病は中学生の頃から発症しており、2007年の検査入院(わたしの介護離職1回目)で病名が判明しました。手すりの設置は何回か検討しましたが、意思を持って見送りました。

理由は、母の独特な立ち上がり。例えばコタツのテーブルを手すりにする、タンスの引き出しを1段出して手すりにするなど、あらゆるものを手すりにして生活してきました。

とても大変そうに立ち上がる母ですが、この立ち上がり自体をリハビリと考え、敢えて手すりは設置しませんでした。バリアフリーを進めるところを、その逆を行く「バリアフル」な環境です。

そんなバリアフルな生活を8年やったのに、なぜ今、手すりを設置するのでしょう?

認知症の進行で習慣が変わった

認知症の進行によって、母の習慣が変わりました。

毎朝、お湯を沸かしてポットに入れる習慣がなくなり、ポットが不要になったのです。(上の写真)ポットのために古いラックもそのままにし、ラックを手すりにしていました。

そのラックがグラついていたので、母の立ち上がりのたびにグラグラしていたのです。これが危ないと思って理学療法士(PT)さんに相談し、手すりを設置。あまり利用していなかった歩行器は返すことにしました。

ポットが乗ったラック
手すり
手すり設置
歩行器
あまり使わなった歩行器

数日後、ケアマネさんとの話し合いから、福祉用具専門相談員が来ました。わたしから母の様子を説明。ポールダンス的な手すりや床置き手すりがありましたが、母はハイハイで手すりのところまでやってくるので、マットつきの手すりになりました。

母は、この手すりを気に入ってくれたようです。わたしは手すりは1か所と考えていましたが、ヘルパーさんは、他の場所に必要と考えていました。

手すりなし
手すり設置

こちらは、ステップ付きの手すりを提案されました。義弟の手作りステップを使っていましたが、こちらも実はグラグラ。しかも、母はドアノブを手すりのようにしていました。新しい手すりのおかげで、転倒リスクは減ったと思います。

手すりは介護保険サービスで、1台あたり1か月400円ほど(1割負担)でレンタルしました。介護保険の20万上限の住宅改修の権利はまだ使ってませんが、いずれ使う日はくるでしょう。

8年バリアフルな生活を続けてきましたが、認知症の進行、コロナ禍でなかなか帰省できないなど、状況が変わってきました。これからはバリアフリーな箇所も増やしつつ、バリアフルな生活も母には頑張って欲しいと思ってます。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ


2020年7月末発売から、わずか1か月で重版!近距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した新ジャンルの本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。2度の介護離職、成年後見人経験者。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか