【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

「介護は先が見えない」と思わなくなった3つの理由

一本道

「介護は先が見えない、いつまで続くか分からない」とよく言います。

わたしもそう思って介護していた時期もあったのですが、今は「介護は明日にでも終わるかもしれない」と考えることのほうが多くなりました。

なぜ、そんなふうに思うようになったのでしょう?

「介護は先が見えない」と思わなくなった3つの理由

割と介護初期から「介護は明日にでも終わるかもしれない」と思うようになった理由は、川崎幸クリニック院長・杉山孝博先生の著書の影響です。

認知症の人は、普通の人より2倍から3倍のスピードで老化する

引用元: 家族が認知症になったとき本当に役立つ本

認知症に限った話ではありますが、認知症介護を始めてこの言葉を目にしたときは、結構ドキッとしました。思っている以上に、介護する時間は短いんだなと。

2つ目に、親の年齢です。

母は76歳。女性の平均寿命まで、10年以上時間はあります。それでもこの年齢なら、風邪やケガなど、ちょっとしたことがきっかけで、一気に健康状態が悪化し、最期を迎える可能性は若い頃より高いです。

最後に自分自身。

わたしも運よく、今は健康に生きておりますが、病気やケガ、事故など、未来に何が起きるのかは分かりません。自分の人生も、この先長いのか短いのかも正直なところ分かりません。

自分がこの先も長く生きていられる前提で考えるなら、介護も長くなるかもしれません。でも、その前提で考えることができないので、思っているほど介護も長くないかもと考えてしまいます。といいつつ、現在介護8年目です。長いと感じているかといえば、そうでもないと思ってます。

以上3つの理由から、「介護はまだまだ続く」という意識よりも、「自分も母も明日も元気でいられるかな」という意識のほうが強くなってしまいました。

ひょっとすると、「介護は先が見えない」って思い始めると、自分がつらくなるから、そういう発想に転換したのかもしれません。

毎日毎日、介護で大変な思いをしていれば、時間が経たずにとても長く感じられると思います。そうすると、いつまでも介護が続くように思えてしまうかもしれません。

もし明日介護が終わることになって、最期の夜に母とケンカしてしまったら、一生後悔するはずです。最期ぐらい優しくしておけばよかった、笑顔で終わりたかったと悔やむはずです。

そうならないようにするために、日中ケンカしたとしても、おやすみの挨拶の前は、心穏やかでいる努力をしています。遠距離介護で1週間滞在中も、途中で言い争いがあったとしても、最終日はにこやかに終わるようにしています。

この帳尻合わせに意味があるのか?と言えば、意味はほとんどないのですが、一生後悔を引きずるのは避けたいので、いつの間にか習慣になりました。

亡くなった父との最期の瞬間は、一緒に焼肉を食べ、父のマンション前の道で見送ったところです。まさかあの場面が最期だったとは!と今でも思います。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ