7/29(水)発売 新刊の最新情報はこちら!

訪問介護で家にくる医療介護職への小さな小さな配慮

優しさ

わたしが不在のときでも、認知症の母を支えてくださっているケアマネさん、ヘルパーさん、理学療法士さん、訪問看護師さん。

毎日誰かしら、必ず母の家を訪問してくれて、買い物やゴミ捨て、デイ送り出し、目薬、認知症の薬持参、点滴、リハビリを行ってくれます。

この中で1番お会いするのは、理学療法士さん。なぜかというと、ヘルパーさんはわたしが家に居るときは来ませんし、訪問看護師さんは2週間に1回の訪問。タイミングが会わないと、数か月会えないこともあります。

しかし理学療法士さんは毎週の訪問なので、一番お会いする機会があり、訪問リハビリにいつも立ち会ってます。

訪問リハビリのときの母の会話

理学療法士さんと母との会話の中身は、ほぼ100%こんな感じです。

今日は何件目ですか?
理学療法士さん
今日は5件目で、工藤さんが最後ですよ~
あら、うちが最後なのね・・・大変だごと~  ところで、うちは何件目なの?
理学療法士さん
今日は5件目で、工藤さんが最後ですよ~

母の認知症の症状の特徴は、1分かからずに、同じ質問を繰り返すことです。5秒後に同じ質問をする日も余裕であり、1秒間16連射でおなじみの高橋名人でも目指してるのか?と、言いたくなるくらいです。

訪問介護でお世話になっている皆さんは、母の同じ質問に対して、笑顔で何度でも答えてくれます。

理学療法士さんは訪問リハビリの40分間、母の同じ質問に耐え切れば、母から逃れられます。1週間に1回なので、しれっと同じ質問を受け流せるかもしれません。しかし、3年お世話になっているので、同じ質問をわたしが居ないときも何度も受けつづけ、蓄積したダメージは相当なものだと思います。

これだけ母が連射しまくっていたら、ファミコンのコントローラーのボタンも、バカになってるって話です。定規を使って、ボタンを連射したんじゃないかってくらい、精神的ダメージがあるのではと。

それも仕事と言ってしまえばそれまでなんですが、わたしだったら、さすがにイヤになるかもしれません。中には耐えられず、暴力を振るってしまう介護職の気持ちも、なんとなく分かる部分もあります。

介護家族として、何かできることはないか?と考え、わたしはこんなことをやってます。

わたしなりの小さな小さな配慮とは?

わたしなりに小さな配慮をしたときの会話はこうなります。

今日は何件目ですか?
理学療法士さん
今日は5件目で、工藤さんが最後ですよ~
あら、うちが最後なのね・・・大変だごと~  ところで、うちは何件目なの?
くどひろ
5件目なんだって、うちが最後らしいよ~

あら、うちが最後なのね・・・大変だごと~

このように、理学療法士さんが何度も何度も答えるところを、わたしがカットインすることで、母の質問に答えずに済むようになります。

訪問看護師さん・ケアマネさんに対しても、同じように何度も何度も質問するのですが、それもわたしがカットインします。

母も「その瞬間」は、わたしの答えを理解しますし、訪問看護師さんも答えずに済み、ストレスが減ります。わたしは母の速射砲の前に盾を持って現れ、さえぎったという「守った感」があり、三方良しなのです。

わたしだけなら、母の連射にイライラするところですが、誰かのために守るという気持ちであれば、何度でも答えられるというこの不思議。

認知症介護している皆さん、ぜひお試しください!と言えるノウハウではありませんが、小さな小さな配慮をすると、妙な達成感と満足感が得られるから不思議です。

誰かのためになら、頑張れるということなんだろうな。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


7/29発売 予約受付中!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親に特化した新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」で介護の模様とブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ