「家族」と「医者・ケアマネ」の意外なコミュニケーション方法とは?

コミニケーション

病院、介護施設、ケアマネ、デイサービス、サ責、ヘルパー、訪問リハビリ、薬局、いろんな医療・介護従事者と家族の間で、コミュニケーションを取る機会があります。

くどひろ
みなさんは、どのようなコミュニケーションの取り方をしていますか?

文書で伝える

わたしは手間でも 「文書で伝える」 ことが多いです、これには理由が2つあります。1つは電話や口頭で、医療・介護従事者にきちんと伝わらないと根底で思っているからです。(不信感ではないですよ)

家族から見ると、医療・介護従事者の方々は1人なんですけど、逆の立場でみれば大勢の中のひとり、いわゆるone of themです。 すべて分かってもらっている感覚になりがちですが、たくさんの患者・利用者がいるわけで、自分だけが特別だと思わないことです。

きちんと伝わらない = 忘れちゃう事もあるよね そう考えているので、履歴を残すという意味で文書を使っています。

身体や命に関わることなので、医療・介護職の方は真剣に聞いてくださるのですが、とにかく多忙です。そんな時、サラリーマンならどうするかというと、メールを使います。忙しい人にはメールが基本です。しかし、メールは使えないことが医療・介護業界は多い・・・これが2つ目の理由です。

医療・介護従事者とのコミニケーションの中で、サラリーマン社会と最も大きな差はメールです。パソコンの前に座って仕事している職種ではないので、マメにメールチェックできる環境にはありません。また、インフラとしてメール環境がなく(あっても使ってない)、FAXでと言われることもあります。

なので文書で伝えることで、時間がある時に読んでねという意味もあります。メールが文書になっただけです、ネット上で送信するか紙で印刷して渡すかの違いです。

52e5da4a94f7e0a7763491eea7de1337_s

何を文書に書いているか?

文書には、このようなことを書いています。

・自宅での出来事や様子
・認知症の症状の変化
・新しく訪問介護してもらう時は、お願いしたいことをまとめる

A4で1枚が基本で、WORDで作成してプリントアウトします。口頭でも説明して、詳しくはこれ読んでくださいと言って渡してます。

先日デイサービスの送り出しが始まったんですが、その時もこんな文書を作ってサ責とヘルパーさんに渡しました。

<デイ送り出しの目的>
家族以外だとシャンとして言う事を聞くので、そこが狙いです。今まで通りゴミ捨てに来たという感じがいいかもしれません。いきなりデイの準備をしてください!というと拒否するかも・・・

<ゴネた時の殺し文句:上から順番に効果があります>
以前作ったラタトゥイユが好評で、また食べたいとみんなが言っているよ!
利用者のおじいさんが、最近こない、お話したいと待ってるらしいよ!

たぶんヘルパーさんも、デイに行きたくないとゴネる母に苦労すると予想し、自分がやってきた説得術を文書にして渡しました。買い物の我が家のポイント、認知症の家での症状など、こういった文書は2年で、20通近くになってました。

面倒なやつだな~って思われているかもしれませんが、何度もやりとりするよりかは効率がいいはずだし、人間忘れてしまう生き物なので、忘れた時はそれ見てねという意味でかれこれ2年間やり続けてます。

ちなみにこのように絶対やってね!というモンスター家族ではないです、あくまで目安にしてねといいます。社交辞令か本当かは分かりませんが、助かります~と言われたこともあります。

人は意外と他人の話を聞いてないものですよ

医療・介護従事者の “傾聴” 姿勢は、サラリーマン社会の10倍すごいと思ってます。

それに甘えてしまう介護者は多いし、こういった職種の方は聞くのが仕事、忘れないはずと勝手に思いがちです。それでも人間だから忘れる事もある!とわたしは考えています。お医者さんは、特に忘れると思ってます。

文書を始めた別の理由としては、遠距離介護だからというのもあります。実家に行けない、メールも使えないので手紙ばかり書いてました。滞在時間が短い、その短時間ですべてを漏らさず伝えたい!という思いからそうしてました。

この漏らさずというのもポイントで、文書でまとめておくと忘れることなく伝えられます、特に認知症の症状とか。

これがわたしのコミニケーション術です。実際のところ助かっているのか、単にうぜぇ奴なのか・・・本当のところは分かりませんけど(笑)感謝の気持ちも伝えたいんですけどね・・・、恥ずかしくてできません(汗)

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。現在も東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護8年目。NHKニュース「おはよう日本」と「あさイチ」でブログが紹介される。著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ