【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

次の介護帰省がいつになるか分からないから「ごちそう」攻撃を繰り出した!

すき焼き

【お知らせ】本日8月21日の岩手めんこいテレビ mit Live News(18時14分~)で、わたしの認知症介護と新刊の話が放送されます。都内にいるわたしはどんな放送か見られないのですが、お時間あるようでしたらご覧ください!

コロナ禍の今、次の介護帰省はいつになるか分からない、ひょっとしたらお正月になるかもしれない!

そんな思いから、認知症の母を「ごちそう」でもてなすことにしました。

帰京前日の夜、母がデイサービスから帰ってくる前に、前沢牛(1パック2500円)のすき焼きを準備しました。

すき焼き
前沢牛で作ったすき焼き

岩手が誇るブランド牛は、本当においしい!都内で同じ肉を買ったら、倍の値段するのでは?(個人的には、いわて短角牛も超オススメ)

ちなみにコロナ禍の鍋(コロナかのなべ)なので、取り分け専用の箸を使い、母がすき焼きに手を伸ばそうものなら、手をピシャリとやる(実際はやってない)くらいの勢いで、鍋奉行をやりました。

一人暮らしの母は低栄養になりがちなので、すき焼きは肉を食わせる作戦の一環で、テレビを見ながら笑っている隙に肉をどんどん放り込む鍋奉行。前沢牛は、本当においしかったようです。

認知症 高齢者 低栄養

低栄養状態になりやすい認知症高齢者に日清オイリオ『エネプリン』を試す!

帰京直前の夕食は、すき焼きに続き、お寿司にしました。本当は寿司屋の出前がいいのですが、最近お気に入りのお店が見つかりません。岩手で有名な田清(たせい)魚店のお寿司もおいしいので、そちらを買ってきました。

寿司
田清魚店のお寿司

「お寿司って食べたいと思うことはない」と母はよく言いますが、ヘルパーさんの買い物レシートに「助六寿司」の文字を見たときは、言葉を失いました。

17時の新幹線で帰京しなければならず、やむを得ず16時台に親子でお寿司を食べ、寿司を食べたいと思うことがない母は、しっかり完食しておりました。

本当はもっとごちそう攻撃をする予定でしたが、母のご飯3合炊きの逆襲にあってしまい、ご飯の消化に時間がかかり、結果ごちそう攻撃はわずか2回で終了となりました。

常にある「これが最期になるかもしれない」という思い

遠距離介護を8年続ける中、いつも「これが最期になるかもしれない」という思いがあります。

それは遠距離介護に限ったことではなく、誰もが同じ条件だと思うのですが、その思いが強くなったきっかけが、余命1か月と宣告された父の遠距離介護です。

余命宣告をされたら、最期の瞬間まで一緒に過ごす選択をする方も多いと思うのですが、わたしは母の介護もあったので、最期まで父の介護を通いの在宅介護でやりました。

父の別宅マンションを出るたびに「これ最期かもな」と思いながら帰京していたので、あの習慣が今も残っています。実際、父が亡くなったときは東京にいましたが、日頃からそういう思いで生活していたので、立ち会えなかった後悔はありません。

最期の瞬間が急にやってきたとき、母に前沢牛のすき焼き食べてもらった、おいしいお寿司を食べてもらったと思えれば、少しだけ救われますし、少しだけ介護の達成感が増える気がしますし、少しだけ後悔が小さくなる気がします。ごちそうは単なる自己満足ですが、帰省する直前はいつもごちそうになることが多いです。

それに口から食べ物を入れて、ゴクンとやれる時間があとどれくらいあるのか分かりません。認知症が進行して、前沢牛のありがたさを理解できなくなるかもしれません。おいしく食べられるときに、おいしいものをしっかり食べてもらおうじゃないか!と思いも、ごちそう攻撃につながります。

スーパーで380円のスイカと480円のスイカで悩んだときは、480円を選ぶようにしてます。元気なうちにうまいもの食ってくれ!自分のお金ではないけどね!ってなります。

ちなみにごちそうの支払いは、わたしです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ