5/21(月)東京開催・第3回介護離職防止対策シンポジウム(無料)の申込のお知らせ

介護離職

日本経済団体連合会(いわゆる経団連)主催「第3回介護離職防止対策シンポジウム」が、5月21日(月)14時より経団連会館2階・経団連ホールで開催されます。共催は介護離職防止対策促進機構(通称KABS)、代表理事で介護仲間の和氣美枝さんが基調講演をされます。

登壇企業の旭化成、ANA、花王、大成建設、千葉銀行が、どんな介護と仕事の両立の取組みをしているか、最新情報を聞くことができそうです。

わたしはフリーランスですので、経団連さんとか最も距離のある団体ですが、2度の介護離職経験者として企業から講演依頼が来ることもあるので、参加して勉強します。完全に和氣さん講演目当ての参加ですが。

第3回介護離職防止対策シンポジウムの詳細

イベント名第3回介護離職防止対策シンポジウム
開催日時2018年5月21日(月)14:00-17:00(開場 13:30)
会場経団連会館 2階 経団連ホール
(東京都千代田区大手町1-3-2)

内容<基調講演>
「仕事と介護は両立できるのですか?」
~介護者支援活動を通して~
介護離職防止対策促進機構 代表理事 和氣 美枝
<パネルディスカッション>
「先駆的な企業の取組みを知る・掘り下げる・持ち帰る」
参加費無料
主催日本経済団体連合会
共催介護離職防止対策促進機構

個人の申込も受け付けているみたいなので、ご興味のある方は下記よりお申込みください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
【講演会のお知らせ】
・2018/06/15(金)岩手・盛岡「男女共同参画週間もりおか展2018」記念講演(無料) 
https://40kaigo.net/others/18099/

【最新刊】 認知症の人と家族の会副代表理事・川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか