【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

ノーギャラのお仕事を受ける5つの条件

お金ない

フリーランスになると、ノーギャラのお仕事、あるいはノーギャラ同然のお仕事が舞い込んできます。

会社員の時は決まった給料が毎月支払われるので、どんな仕事もお金になりました。しかし、フリーランスは毎月の給料がないので、ノーギャラのお仕事は本当に0円です。

それでも次の5つの条件に合致すれば、ノーギャラ同然のお仕事を受けることもあります。

ノーギャラのお仕事を受ける5条件

  1. 本の販促効果がある、次の仕事につながる
  2. お仕事を依頼する方の人間性に惚れる
  3. その仕事が多くの人に役に立つ、救うことができる
  4. 自分の成長につながる
  5. 単純に面白そう

わたしに経済的余裕があれば、これら条件は緩くなります。しかし、それほど余裕がない今は、複数の条件に合致するか、よっぽど心動かされるかでないと、ノーギャラの仕事は受けていません。

あとは仕事にかかる時間にもよります。短時間ならノーギャラでも大丈夫な場合もありますが、準備を含め時間を費やしての0円では生活できなくなるので、それはお受けしません。

ギャラトラブル回避のために、ブログで仕事依頼を受けるときはギャラを書くようにお願いしておりますし、書いていない場合は最初に質問します。

仕事したあとで、ノーギャラと言われたらイヤなので、最初に条件をしっかり決めてから仕事します。このおかげで、フリーになってからのとんずらは1回だけです。とんずらした会社とは今後仕事をしないと、心に決めています。

それに交渉は仕事を始める前に終わらせておかないと、仕事をしながらのギャラ交渉は疲れます。

お金を頂ける=しっかり仕事をしなきゃいけない という気持ちになるので、やはりギャラは大切です。

もし想像以上にギャラが良ければ、「こんなに頂くのだからしっかり頑張ろう!」となります。無料で受けた仕事も手は抜きませんが、ギャラという緊張感がなくなるので、無意識のうちにどこかで緩くなってしまう気がします。

友人・知人であってもこの条件は変わりませんが、ギャラ交渉はあまりしません。

ノーギャラのお仕事は依頼する側はwinかもしれませんが、わたしはloseになるので、win-lose状態だとどうしても・・やはりwin-winが理想です。

とかいいつつ、あまり仕事を選んでいられる状況でもないのですが・・・。

その代わり、会社で時間を持て余して給料をもらうということがないので、生きている時間にムダがないし、やった分だけお金になるのはとてもとても楽しいです。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか