介護者として「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」を噛みしめてみた

ウルグアイ

「世界でいちばん貧しい大統領」と言われるホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領。給料の大半を貧しい人に寄付し、公邸に住まない。「国連持続可能な開発会議」のスピーチで、世界中の注目を集めたという今話題の方です。出版記念で来日され、テレビでも特番が組まれるほどです。

ムヒカさんのスピーチから、共感できるなぁと思ったところを、ログミーさんから引用していきます。

2年ごとに新車を買いたかった。家が小さいから、さらに大きい家が欲しくなった。それでいろいろ負債を積み重ねて、いろんなことをして負債に追われる。自分でさまざまなモノを買うこと自体を楽しみにして、自分の人生の時間を浪費してしまうわけです。そういうかたちで残るのはモノの蓄積にすぎません。
引用元:http://logmi.jp/137120

遠距離介護が始まって、働き方も変えて、収入も減ったのですが、間違いなく「時間の浪費」は減りました。20代の自分と比べると、だいぶモノへの執着がなくなってきました。ムヒカさんの域には到達できませんが、当時の4分の1の物欲しかないかもしれません。

ほかの人に強制することなく、ほかの人の考え方を阻害することなく、それぞれの人の考えを尊重したなかで、自分がやりたいようにできること、ほかの人がやりたいようにできること。それが自由です。
引用元:http://logmi.jp/137120

分かるなぁ・・・「自分がやりたいようにできること」これを実践できているので、自由です。会社員時代は、居た会社によって、できたりできなかったり・・・不自由さを感じることはたくさんありました。

しかし、人生の年月というものを買うことができるでしょうか? スーパーマーケットではなんでも買うことができます。しかしながら、人生の何年間というものをスーパーマーケットで買うことはできないのです。
引用元:http://logmi.jp/136797

時間って大切だと思いながら、お金みたいに浪費しちゃうんですよね。寿命があって、時間は有限なはずなのにそれを忘れてしまっています。

貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないこと。

いいコトバですよね。

介護ブログなので、認知症介護の話に置き換えてみます。おそらくイライラ怒って周りを気にしながら介護している人は、認知症ご本人や親族からの承認欲(介護頑張っていると思われたい)があるのではないかと。

でも、本人から感謝されることはゼロではないけど、ないことの方が多い。介護を手伝わない親族に承認欲を向けたところで、何があるわけでもない。そういった認められたい欲が無限に湧いてきちゃうと、満足できずについ怒ってしまうんでしょうね。

そういう状態を、「介護における心の貧乏」と呼ぶことにしました。なんとなくアドラーっぽい、解釈になりました。(詳しくは『幸せになる勇気』を読んでみてください)この絵本がめっちゃ売れているみたいです。

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

国際情勢研究会
1,408円(05/23 18:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

今日もしれっと、しれっと。


にほんブログ村 介護ブログへ


【わたしの書いた最新刊】
東京と岩手の遠距離介護を、在宅で11年以上続けられている理由のひとつが道具です。介護者の皆さんがもっとラクできる環境を整え、同時に親の自立を実現するために何ができるかを実践するための本を書きました。図表とカラーで分かりやすく仕上げました。

2件のコメント

こんにちは、
5年前から3年前まで、認知症のダブル介護(祖母と実母)を、3年前から現在、実母の介護をしている者です。
河野先生の理論などをよく紹介して下さる会社の冊子でくどひろさんを知り、今日初めてスレッドを拝見しました。
頷くことばかり、明確な理論が痛快でした。
介護はいやな事ばかり。
ふと負けそうになる気持ちに、エールを頂けたように思います。
ありがとうございました。
また、いつか、コメントしたいと思っております。

田中さま

コメントありがとうございます!

お役に立てて、よかったです。
その冊子というのは、どういったものでしょうか?もしよければ、教えて頂けるとうれしいです。

今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。
2012年から岩手でひとり暮らしをするアルツハイマー型認知症で難病(CMT病)の母(80歳・要介護4)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて12年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。

【音声配信Voicyパーソナリティ】『ちょっと気になる?介護のラジオ
【著書】親の見守り・介護をラクにする道具・アイデア・考えること(翔泳社)、親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)、医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか