認知症の経過報告(27週間目)・牛乳配達は遠距離介護の救世主?

認知症の母(70歳)が、コウノメソッドと出会って、どんな経過をたどるかをひたすら書いてます。

認知症の母の状態と、現在行っている認知症治療

・コウノメソッド実践医にアルツハイマー型認知症(軽度)と診断されたのが、2013年4月上旬?
・おそらく1年前くらいに発症、祖母が子宮頸がんで入院して家で1人になってから一気に悪化
・サプリメントのフェルガード100M(1日2回)と、お薬レミニール8mgを1日1回処方。
・母ひとりで、1週間生活
・26週目より、秘密兵器?ココナッツオイルとMCTオイルのミックス を使用

?「牛乳配達」 のセールス対応をわたしがしたのですが・・・

特に用心しているのが、「火事」 そして、「訪問販売」 です。ひとり暮らしの高齢者をターゲットに、高額の投資商品を買わせたり、妙な羽毛布団を買わせたり・・・(祖母は布団を買いました)世の中、悪い人はいるもんです。

実際、今までに経験した 「訪問販売」 で、高額で一番怖かったのが、生命保険です。中途半端に会話が成り立ってしまう母ですから、危なく生命保険を何も考えずに更新してしまうところでした。やさしい母なので、なんでも 「ハイハイ」 って言っちゃうんですよね、断れない性格なんです・・・

今回の訪問販売は、 「牛乳配達」 だったんですが、実は1週前わたしが直接応対して、サンプルの牛乳3本と “面白いチラシ” をもらいました。

「ひとり暮らしのお年寄りの見守りサービス」

と書いてあります。その牛乳配達は、訪問時に声かけをしてくれて、声かけ後に手帳にスタンプを押す というサービスです。牛乳は近所のスーパーの方が安いので、買う気がなかったんですが、この見守りサービスのチラシは今後のためにキープしました。

母には、

「牛乳取っちゃだめだよ」

と言って、東京へ戻ってきました。母も ?「牛乳配達は高い」 ?と言い、その週は何事もなく終わったのですが・・・・

母からの電話

母:   「今日、あんたの高校の同級生が来て、牛乳とることにしたから」
わたし: 「え゛~、高いって言ってたのに・・・・」

母から同級生の名前を教えてもらったんですが、誰?という名前。どういう契約だったのかを電話で確認したんですが、母の言葉が意味不明・・・その日はちょうどヘルパーさんが来る日だったので、ヘルパーさんに契約書の内容を読んでもらいました。

どうやら契約してしまったのは本当でした。連絡先(フリーダイヤル)を教えてもらい、東京から解約の電話をかけることにしました。ところが、なぜかつながらないんです。フリーダイヤルって、遠距離だとつながらないんですね・・・・

で、近くにいる妹にお願いして、この牛乳の契約を解約してもらうお願いをしました。

妹:  「あの~、牛乳契約の解約をお願いしたいんですが」
担当: 「それでしたら、先日解約の電話がありましたよ」

誰が?ヘルパーさんがやってくれた? よく聞くと、母自身が契約解除したようです。最近の母の症状として、これはいい効果なんですが、1週間前~1か月間という中途半端に前の記憶を覚えている事が多くなっているんです。薬も変えたし、ココナッツオイルやら百ます計算やらやってもらっているので、何かしら効果が出ているんでしょうか?

おそらくわたしが念を押して、契約しちゃだめ!というのを、思い出してくれたんだと思います。妹から、認知症なので今後訪問しないように という事を伝えてもらって話は終わったんですが、遠距離介護のつらいところってこういうところなんですよね・・・・

結論

認知症の症状は安定しています。最近の変化は、1週間前~1か月前という中途半端な時期の記憶を思い出すようになったことです。相変わらず直近の記憶は苦手で、大昔の記憶は得意なのは変わらないんですが、ちょいちょい思い出すんですよね。その都度、褒めるようにしてます。

「おぉ~、そこ覚えてた!すごいっ!サプリ忘れずに飲むと、効果あるんだよ!」

ココナッツオイル&MCTオイルを食べる時も褒めますし、百ます計算も褒めます。わたしも褒められて伸びるタイプなので、親子似ているのかもしれませんね(笑)

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)