ケアプランに「通院介助」を組み込んでおくと、介護がラクになる!

遠距離介護をしている方だと、

「病院に連れて行きたいけど、どうしてもその日は付き添いができない!」

ってこと、よくありますよね?

祖母が亡くなるまでは頻繁に地方都市へ帰省していたので、わたしの帰省に合わせて病院へ連れて行くということをしていました。祖母が亡くなってから、帰省頻度を減らしたので、どうしても病院へ連れていけない日が出てきました。母は、

1.シャルコー・マリー・トゥース病で歩くのが不自由なため、移動時に介助が必要
2.軽度の認知症なので、病院の次回予約などを介助してもらわないと忘れる

という問題があり、早速ケアマネージャーさんに相談して、つい先日ケアプランの中に 「通院介助」 を加えてもらいました。特に遠距離介護で病院まで付き添いができない方は、このケアプランをひとつ入れておくだけで介護負担がかなり減ります。

ヘルパーさんが行うこと

1.ヘルパーさんがタクシーを呼んで、
2.ヘルパーさんと一緒に病院まで行き、
3.ヘルパーさんが診察室まで連れて行って
4.ヘルパーさんがタクシーで自宅まで連れて帰る

という行程を踏みます。3.だけが介護保険でカバーできずに、自費負担になります。本当はヘルパーさんの車で連れて行ってよ~って思いますが、公共の交通機関を利用するというのがルールなので、うちはタクシーを使います。

診察室に連れて行くのも、介護保険で・・とは思いますが。3.については、病院はあくまで医療保険の区域であり、介護保険の対象外であるためです。医療保険や介護保険の境目という感覚は、介護しながら身についていきます。わたしも最初はよく分からなかったんですが、祖母がデイサービスから入院に切り替わった時に、ケアマネさんが担当から外れたのを見て、

「医療保険と介護保険の境目って、こういうことなんだ~」

って思いました。

うちの場合だと、わたしが病院まで連れて行くと、遠距離介護ということもあって1回2万以上はかかります。(ほとんどが新幹線代ですが) しかし、ヘルパーさんにお願いする場合は、5千円程度で4分の1で済みます。

交通費という費用の問題、時間的な制約を考えて、使う使わないに関わらず

ヘルパーさんに 「通院介助」 をお願いするという選択肢を、ケアプランに組み入れておく

これは遠距離介護でなくても、別居で介護をしている人すべてにお薦めです。通院頻度が多い人は、特にお薦めです。訪問診療が選択できる環境にあるならば、それも選択肢として入れておくべきです。

難しいのは「認知症の治療」の場合

わたしはこのケアプランを利用するのは、

「認知症の診断以外」

を基本としています。歯医者で1回利用しましたが、今後も基本は歯医者とか怪我とか、認知症以外で利用していきます。

というのも、認知症の治療の場合、先生との会話がとても重要になります。常日頃、認知症の母の言動を理解しているのは、家族のわたししかいないためです。どうしてもタイミングが合わない場合は、気になった症状や言動をレポートにして、ヘルパーさんに渡します。

介護はひとりで頑張らない! というのをわたしは基本にしています。

頼れるものは頼り、使えるものは使う!

遠距離介護をしていると、制約はものすごく多いです。決して悪い事ではないので、積極的に活用してみてください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
【Amazon予約受付中】2017/12/06発売 川崎幸クリニック院長 杉山孝博先生推薦本です! 2017/12/14 東京・紀伊國屋書店新宿本店で新刊のトークショーやります!→詳細はこちら
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)