介護者としてメディア取材でよくボツになるワケ

介護取材

ブログをやっているとありがたいことに、新聞・雑誌・テレビなどメディア取材を受けることがあります。

ただ、わたしの場合はボツ率が高くて、8割以上。なんでそんなことになっているか・・・メディアが求めている介護者像を想像して、文章にしてみました。

「40kaigo(仮名)は2013年、祖母の子宮頸がんに加え、母の認知症が発覚した。他に頼るあてもない彼は、結局介護離職へと追い込まれた。介護生活3年目に突入した今も彼は正社員というポジションに戻ることはできず、フリーランスという不安定な道を歩いている。

介護離職は年間10万人以上となり、超高齢化社会の新たな問題となっている。決して他人事ではない、介護離職。あなたならどう対処しますか?」

たぶんこう書きたいんだろうな、こう映像化したいんだろうなって。メディアの求める介護者像も、介護に対する一般的なイメージも概ね、この文章に集約されると思ってます。

自分自身の書いた文章にツッコミを入れるならば、

・介護離職に追い込まれたとか言うな!
・正社員のポジションとか、そういうの興味ないわ!
・介護のイメージを暗くすな!

こうなります(笑)幸いこういった文章が世に出たことはなく、ブログのみが広がっております。メールや電話でやりとりをして、最終的にボツとなると時間がもったいないので、最近はこうやって回避してます。

「求める方向が違っていることが多いので最初にお伝えしますと、そんなに悲観的な介護者ではないです」

これを書いておくと、ボツの場合は割と最初の段階でなかったことになるので、わたしもラクです。記事になる場合というのは、こういうキャラクターを受け入れてくださった場合です。

ボツになりやすい理由

介護ブログでもわたしのようなマジメなのかおふざけなのか分からないタッチの人もいれば、常に怒っている方、愚痴メインの方もいらっしゃいます。人それぞれでいいと思うんです。

ただメディアに求められているのは、最初の文章のタッチだな・・・というのは、取材依頼から感じることです。

事実、40kaigoさんのようなケースは少数派で、あなたのようには振舞えないと読者から反発を受けるかも・・・と言われたこともあります。ポジティブな話が多いけど、実際知りたいのはネガティブな話と言われたこともあります。

「思考は現実化する」 という本のタイトルがあるとおり、わたしは割とこれを信じてます。ネガティブに考えれば、ネガティブな結果になると。ムリにポジティブになる必要はないけど、割とプラス思考で楽観的な方です。

ブログができるまでに、ネタ探し → 下書き → 修正 → 完成 と数日かかります。ネタ段階でもし怒ってたら、数日間怒り続けることになり、必要以上に怒りの時間を増やす結果になってしまいます。

怒っても、イヤな気持ちになっても、これをどう表現しようかな・・・感情をぶつけるだけだとつまらないから、情報を付加してみよう!と考えることでストレス解消になるし、それが読者の皆様にもプラスになればこれぞwin-winです。

こういう暗いトーンで書き始めたら本気で追い込まれたときであり、わたしの場合は介護失敗を意味してます。絶対にひとりで抱えたくないし、プロには徹底的に頼ります。自分自身の生活も、きちんと保ちたい!

こういう考え方のギャップがボツになるワケなんですが、下手に載っちゃうよりはボツでいいんです、ムムッ。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 
介護取材
■わたしの1作目:名古屋フォレストクリニック・河野和彦先生推薦書!

7 件のコメント

  • いつも拝読させていただいております。
    おっしゃるとおりだと思います。

  • いつも拝読させていただいております。
    今日のブログ内容、おっしゃるとおりだと思います。

  • ふくいさま

    いつもコメントありがとうございます!

    ありがとうございます!

  • よくわかります!
    昔からそうですが、メディアにはお涙ちょうだいのほうが受けるんですよね。
    あといかにも「健気」な頑張ってますな感じのが(笑)。
    でも、「介護はしんどい」「つらい」っていう悲惨なイメージばかり宣伝されたら、介護業界の人手不足は進むばかりじゃないかと思います。

  • だださま

    ホントそうですよね。

    健気・・・これもそうですね。なに、ブログ書いて介護してんの、変わってるね~ って面白半分で取材してもらって、全然いいんですけどね(笑)わたしは介護がきっかけで、書くことが好きだという事が分かりました。40年以上気づかなかったから、この生活に感謝している面もあるんです・・・という話も、あまりいらないみたいです。

  • 時々拝見するたびにニヤリとさせていただいてます。私も少しの期間介護を経験しましたが知識と知恵とプライドのあるけど、それらがかみ合っていない子供のようでした。そう言う意味で40kaigoさんの対応はとても上手ですね。

    メディアの話ですが今も昔も苦労話や不安を煽る記事か好きですよね、読む側、見る側の需要が高いのでしょうが。。
    このブログに時々ボツになったりお断りしている記事を読むたびに感じてるのですが、記事を書く人を含め世間の多数が介護を経験してないからなのではないかと。
    だって辛いとか悲しいとかよりもどう介護するかや介護する側の気持ちの持ち方の記事のほうがだいじですよね。いずれ時代が追いついてきますのでその時におもいっきり記事を書いて下さい。

  • せきぐさま

    コメントありがとうございます!

    ニヤリとして頂けるのは、わたしの狙い通りでございます(笑)

    >だって辛いとか悲しいとかよりもどう介護するかや介護する側の気持ちの持ち方の記事のほうがだいじですよね。

    うっ・・・本質を鋭くえぐるコメント、まったくその通りでございます。わたしがブログを書くときに大切にしていることです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)