ある介護現場で起きている認知症介護の実態について分かる必見の動画

Youtube

わたしは、世の中にある認知症治療や介護のリスクをできるだけ避けようと勉強してきた結果、母は在宅で介護して、治療はコウノメソッドがベストだと思ってやってきました。

7年経った母の認知症の進行が、一般的な認知症治療や介護と比べてどう違うのかは、わたしには分かりません。かなりいいほうと医師や介護職の方から言われるので、たぶんうまくいってるのだろうと思っています。

認知症薬の多過ぎる処方、薬の副作用のトラブルは、1度もありません。日々小さなトラブルや些細なケンカをしながらも、親子2人で笑って生活しています。母も「今が一番幸せ」と言ったりするので、この状態を1日でも長くキープできれば・・・そんな思いです。

介護職の方と認知症について話す機会も多いのですが、認知症のお薬について話す機会はほとんどありません。介護保険制度や施設のこと、包括のこと、認知症ケアの話で終わります。

Youtube『認知症なんでもTV』

今回ご紹介したい動画は、『認知症なんでもTV』というYoutubeの番組で最近アップされた「ある介護現場からの報告」。

お話ししているのは、特別養護老人ホームで介護福祉士として働いている三俣喜儀さんです。動画を見ると分かるのですが、いい意味で裏切られます。あれ?介護福祉士が、こんな視点で特養で働いているの?きっと、多くの方がそう思われることでしょう。

わたしも三俣さんも、認知症治療や介護に「少しだけ」医療的な視点を素人でも持てば、どれだけ認知症介護がラクになるかというスタンスを持っています。三俣さんはわたしよりはるかに勉強されているので、その雰囲気を動画で味わうことができます。

介護家族の方が動画を見ると、こういう介護福祉士のいる特養に家族をお願いしたいと思うはずです。

そんな三俣さんとわたし、尼崎の長尾クリニック院長・長尾和宏先生で、8月25日に大阪で鼎談します。17分ほどの動画、ぜひ見てください!

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会スケジュール】 =======

講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
Youtube

2 件のコメント

  • ご無沙汰してます
    ご活躍のご様子 何よりです

    セミナーで教えていただいた カメラについて 改めて拙ブログにて 引用 ご紹介 させて頂きました!

    くどひろ さんの なさっていらっしゃることを 励みと学びにしております\(^o^)/

    これからも どうぞよろしくお願いいたします

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか