【データ】認知症の人を 「どこで」 介護している人が多いのか?

まずは、こちらのデータをご覧ください。(単位:万人)

認知症自立度

はい、意味わかりません(笑) これは厚生労働省の 「2015年の高齢者介護~高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて~」 という資料の中にある 「所在と痴呆性老人自立度」 のデータです。これでも意味分からないので、簡単にいうと、

「要介護認定を受けた認知症の人は、いったいどこで介護されているのか?」

を示したデータなんです。さすがお役所言葉、無理に難しくしてます(笑)

2015年の高齢者介護という資料タイトルでありながら、このデータ2002年の数字です・・・2010年の一部データも見つけましたが、2002年と割合に違いがなかったので、このまま話を進めます。

赤太字のところが、「自宅で介護を受けている」 人数です。2002年現在、314万人の方が要介護認定を受けていて、そのうち210万人の方が自宅で介護をしている ということです。率にして、なんと66.9%です。自宅率高っ!

自立度Ⅱ(誰かが注意すれば自立可能)と自立度Ⅲ(意思疎通が困難で、介護が必要)で見ると、自立度が上がる(自立ができなくなる)とその割合は減っていきます。

自立度Ⅱでは49%(我が家はここに属します)、自立度Ⅲで35.4%の人が、自宅で介護を受けてます。そりゃそうですよね、認知症で自立ができなくなってくると、家族も介護が厳しくなります。自宅では面倒がみきれなくなって、施設にお願いするようになる。だから割合も減っていく、当たり前の数字です。

でも、この数字はこうも読み取れます。

「意思疎通が困難で介護が必要な状態になっても、35%は家で面倒を見るんだ」

と。要介護認定を受けている方のデータなので、自宅で訪問看護やヘルパーさんの力を借りて認知症介護をされているということになります。これが我が家のように、「自らが自宅を望んでいる人」 と、「やむを得ず自宅という人」 に分かれます。やむを得ずな人の理由としては、

・家族が見るべきという責任感、施設にいれるなんて!という意識
・親族、ご近所など他人の目が気になってしまう
・認知症の人ご本人が抵抗して、施設に入れない
・そもそも定員問題で、特養に入れない

などが考えられます。要介護認定を受けられた人はまだいい方で、このデータには載らない 「要介護認定すら受けられない人」 まで考えると、相当数が自宅介護しています。

特養などの待機老人問題もありますが、施設をどんどん増やしていくというよりかは、国はこの自宅での介護を推進する方向で動いています。この自宅率を伸ばすべく、オレンジプランを実行しているわけですが、何がベストなんでしょうね・・・

この記事のタイトルである、「どこで」 認知症介護をしている人が多いかの答えは、「自宅」 が一番多く、全体では7割が自宅介護をしているという話でした。このデータ、どう感じますか?

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

4 件のコメント

  • ううむ。興味深いデータです。ご説明のおかげでわかりやすいし。

    勉強になりました。

  • おぢゃっこ倶楽部さま

    コメントありがとうございます!

    話がマニアックかな~ と思いましたが、ご興味をもって頂けてうれしいです。

  • いつもブログ、楽しく?拝見しております。今回は興味深いテーマでした。
    施設と居宅、どちらが介護者の負担が少ないのだろうか。どちらが認知症の人にとって生活しやすいのか。
    国は、施設だけだと対応しきれないから、居宅介護に力を入れる政策を打ち出してるのか?私はまだ勉強不足なので詳しいことは分かりませんが…、一介護者ととして、肉体的、精神的、経済的に少しでも負担が減る方がありがたいです。
    さらにいうなら、行政、病院だけでなく、自治体や金融機関、地域のお店、などと連携して認知症の方や家族を支える何かがあるといいのに…と最近は強く思います。
    なんだか生活に不便さを感じずにはいられません。認知症とその家族について、介護についてもっとオープンに取り上げられるべき、と思ってしまいます。
    長くなりました?!

  • 1104yummyさま

    コメントありがとうございます、ツイッターの方もありがとうございます!

    おっしゃるとおりです。地域との連携を実際に行っているところは増えていて、商店街と認知症NPOとの連携であったり、有名なところではイオンが認知症サポーターを数万人育てたりしています。そういう活動は多々あるものの、我々が実感できるレベルには程遠いですよね。やっぱり自分が介護という立場におかれないと、興味を持たない人が多いからだと思います。またお立ち寄りくださいませ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか