認知症の経過報告(49週間目・50週間目)・3つの驚き

母(70歳)とは2週間ぶりの再会となったわけですが、3つほど驚くことがありました。

1.タモさんが言う「髪切った?」

“2週間前” ?にわたしは東京で髪を切って帰省したんですが、家に着くなり母が、

母: 「あら、あんた、髪切った?」

って言うんです。このビックリを共感してもらえたら、その方は認知症介護どっぷりだなって思うんですが、この2週間前とか2か月前とか微妙に前の記憶って、だいたいどこかへいってしまう?んですよね。わたしも思わず、

わたし: 「そうそう、切った切った。よく分かったねー」

母: 「そりゃそうでしょ」

なんか勝ち誇ってます(笑)先月からスタートした新米ぬかサプリ、フェルガードBが効いているのかな?まず最初に思ったことです。

右側がフェルガードBですね↓
フェルガードB

で、居間に移動して、カレンダーを見ると、2つ目の驚く事が。

2.カレンダーを活用できてる

わたし: 「おぉー、自分で月の予定書いたの?」

母: 「書いた書いた、そりゃそうでしょ」

また勝ち誇ってます(笑) カレンダーの使い方はいつも悩むところで、2月はカレンダーにぎっしり書き込んだところ、予定が気になって気になって質問攻めにあい、わたしが疲弊してしまいました。3月はその反省から、カレンダーを真っ白にして帰京。

で、4月は“自分で” 予定を書きいれてます。カレンダーをよく見ると、このようになっていました。

calendar

4月1日(火) ご三家 てつての部屋(笑)?

最初は意味不明でしたが、ちょっと考えると分かります。母は元々達筆なんですが、シャルコー・マリー・トゥース病のせいで字を書くとき、西野カナレベルで手が震えるようになってます。

徹子の部屋に御三家が出演したと書いています。ホントかよ?と思って調べてみると、惜しい!かすってます。正確には3月31日に青春歌謡BIG3(舟木一夫、西郷輝彦、三田明)が出演されていて、これから始まる全国ツアーの宣伝だったようです。

御三家は橋幸夫が正解。そんな事はどーでもいいんですが、最近、何が正しいのかわからないので、調べ癖がつくようになっています。でも本人には言わず、自分の中でその妄想や間違いの原因を探るためです。

母は舟木一夫のファンなので、コンサートに連れて行ったら認知症にもいいかな と思い、こっそりチケットは入手しております。(1人9000円)地方に舟木一夫は来ませんし、今度一緒に行きます。高校三年生だけは知ってますが、三田明は全く知りません。

3.病院の待合室で

病院の待合室でミヤネ屋をやっていたんですが、そこにゴーストライターの新垣氏が登場。すると母が、

母: 「あれ?そういえばこの前、この待合室でこの人見たよ」

これ合ってます!かなりビックリしました。”2か月前に” 病院の待合室で見たのは、新垣氏の記者会見でした。母の 「あれ、見たことある」 発言は当たらないので、いつもテキトーに流しているんですが、珍しく正解するとこちらも対応にとまどいます。

わたし: 「え?今なんていった??」

思わず聞き直してしまいました。帰省早々、3つの驚きはすべていいことで、そのまま先生に報告してしまいました。この貯金を、ここから10日間で食いつぶさないといいんだけどなぁ~症状は波のようですから、悪い日もありますしね。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/10(土):神奈川県横浜市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか