あるこだわりが3年以上抜けない認知症の母のはなし

コップに水を注ぐ
そういえばこの前、先生(ものわすれ外来の)がいきなり来て、ハンコくださいって。ビックリしたのよ!

認知症の母の頭の中で作られたこの話ですが、3年以上経った今も言い続けています。ものわすれ外来へ通院していますが、医師が家に来たことは1度もありません。

この作話に対するわたしの対処法も、3年でこのように変化しました。

初期のわたし:「いやいや、先生は1回も家に来たことないよ」→ 母:「わたしが間違うはずないでしょ」
認知症の勉強をしたわたし:「あーそうなの、先生来たんだ」→ 母:「そうなのよ、夕方いきなりきてハンコ要るって」

教科書的な対応をきちんとしてきたのに、わたしの閾値を軽く超えてきた母。

改めて認知症介護の壁にぶつかったらお世話になっている、川崎幸クリニック院長杉山孝博先生の認知症の人のこだわりへの8つの対処法を読み返してみました。

①こだわりの原因をみつけて対応する②そのままにする③第三者に登場してもらう④場面転換をする⑤地域の協力、理解を得る⑥一手だけ先手を打つ⑦本人の過去を知る⑧長期間は続かないと割り切る―という方法だ。

引用元:http://www.alzheimer.or.jp/?p=3380

さらに、周囲が説得したり、否定し続けるとこだわり続けるという教えもあるので、それも実践したつもりでした。効果はもちろんあるし、対処法としてベストだと思います。

しかし、3年以上もこだわりが続くとは、正直思ってもいませんでした。母の数あるこだわりの中で、消えるこだわりもたくさんありますが、母の場合は何パターンものこだわりが、何年にもわたって残っています。

作話も100回以上聞くと、介護者自身も変化する

医師・介護職、遠くの親族が「ハンコの話」を聞いたところで、何の疑いも持ちません。また、わたしがハンコの話でイライラする理由も、あまり想像できないと思います。

同じ話を100回以上聞かされ続けると、ある日を境に「ハンコ」というキーワードが出ただけで、「またか!」と心の中で言ってしまうし、ビクッとしたり、ドキッとしたりもします。

わたしも対処法が分かっているのですが、こんな回数は想像していないので、気づいたら心の中のコップの水がいっぱいになっていた、そんな感じです。

正攻法だけではどうにもならないことも

介護者が、3年以上同じ話を聞かされ続けたときの対処法なるものを、見つけたことはありません。認知症の症状は人それぞれなので、正攻法ではどうにもならないケースは多々あります。

わたしもイラっとすることが今後もあると思いますが、正攻法8割、正論で言い返す2割くらいの気持ちで接していこうかと思います。正論で言い返す意味は、自分自身のガス抜きのためです。そのほうが介護トータルで見たときに、母に優しく接することができると考えているからです。

正攻法を我慢して貫いていては、わたしがいつかドカン!と爆発する日がくる気がします。そうならないよう、ほどほどにガス抜きをするという感じです。

裏を返せば、母は決まった刺激に対して、決まった反応を示すので、記憶がしっかりしているとも言えます。決まった反応がなくなってしまったときは、認知症が進行したというバロメータにもなると思うので、この反応があるうちはまだ元気!と思うしかないと考えています。

認知症の人が長期に渡って、同じ話を繰り返すというケースがどれだけあるのか分からないのですが、同じような悩みを持つ方はゼロではないと思っています。

もうひとつ、先日のものわすれ外来で「強迫性障害」の話があり、それに妙に納得したところもあります。

母は元々、ガスの元栓を何度もチェックする人でしたし、玄関の鍵を閉めたかも何度もチェックする人でした。その性格の名残が、長期のこだわりを生んでいるのかもしれません。

独居ということへの隠れた不安、デイサービスにきちんといかなければいけないという不安、記憶が思い出せないという不安があるのかもしれません。強迫性障害の線で薬物治療が始まったら、母のこだわりが消えるのかも・・・

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2020年講演会・イベントスケジュール】 =======
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
コップに水を注ぐ

2 件のコメント

  • くどひろさん、こんにちは。

    強迫性障害、お母さまは、要素が強いのかもしれませんね。

    亡くなった母もそうでした。
    殊に空気と水に対しての、この二つはとても清潔と言う意識が強く、水道代が高額請求に成る程洗濯に水を使う。
    当然自分の手洗いも、手先指先、真冬でも肘の下までじゃぁ〜じゃぁ〜と水を掛けて洗い、施設入所して、家事の6割程は他人さまにお任せする生活になっても、手腕があかぎれに成る程で、毎度クリームの要求と、治療法のお尋ねが続きました。
    洗ってる事を忘れているのか、覚えているけど止められなかったのか、今となっては判りません。

    私も治療の余地ありと考え、日々近くでお世話をしてくれる義姉にお願いしましたが、医師からは、精神疾患的に、脅迫性障害の治療をすると、薬が強すぎて認知症の経過にも悪く影響するからと言われ、治療はできませんでした。

    母も、健常な時から、鍵、通帳、判子、戸締り、この辺りの確認が何度も何度も必要でしたが、実際に紛失してしまった事は、私の知る限りありませんでした。

    だからこそ、障害なのでしょうね。

    特筆すべきは、お財布に関してかもしれません。

    施設入所しても、デイサービスでお買い物に連れ出してくれる事がありましたが、母は衰えて尚
    お財布を紛失する事は一度もありませんでした。

    母が亡くなった後に、なんとなく母らしくない、真新しい状態の良いお財布に違和感を持った私は
    義姉に「このお財布は、義姉さんが買ってくれたものですか?」と確認すると、紛失する事は一度も無いけど、あまりに古くてボロボロで(母はボロ財布が好きでした)みすぼらしいので、新しい物を使って頂こうとお渡ししました、と言う事でした。

    クドひろさんのお母さまのハンコと同様、母はお財布に対して強い執着を持って居たので、どんなに大騒ぎしても紛失は一度もなく、お財布が新しくなっても「お財布」と言う事をきちんと認識出来たと言う部分は、「何でも忘れる訳じゃ無い、忘れずに居る事も、部分も有る」と言う素晴らしい証だなと思います。

  • 自分もてんてこ舞いさま

    なるほど、情報ありがとうございます!!

    うちは財布は失くすし、雑に家事をこなすことが多いので、イメージ記憶が頑固に残り消えないという言い方になるかもしれません。
    それ以外の新しい情報がインプットされないから、イメージ記憶の中でだけ生きているのかな?と思うこともあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか