認知症と緑内障とハンバーグとパスタ

ハンバーグ

今日のランチは、ハンバーグ!

そんな気分で、緑内障の母と介護タクシーで眼科へ向かいました。

眼圧も正常値で、医師からもこの調子でいきましょうと言われ、一安心。

眼科への通院介助といえば、いかにも介護っぽくなりますが、わたしの一番の目的は病院終わりの外食です。

目的のハンバーグの店(おしゃれ洋食屋さん)は、眼科から歩いて3分ほどの距離。

雨が降っていたので、左手に傘を持ち、右腕で手足が不自由な母を支えつつ、傘の中に母を押し込みながら、ゆっくりゆっくり店を目指しました。

どごさいぐの、どこ?
くどひろ
ほら、すぐそこ!

とにかく歩きたくない母なので、すぐそこと言い続けるしかありません。認知症なので、店につくまでずっとこのやりとりは続きます。

交通量の多い通りなのに、歩道がない!しかも、道路の端に止まっている車が邪魔!

車をかわしつつ、向かってくる車にも注意しながら歩いていると、1台の車が停車。誰だろうと思って車を見ると、まさかのケアマネ!

こんなこともあるのかとさらに洋食屋を目指し、6分ほどで到着しました。

ハンバーグとクリームパスタ

母に何が食べたいか聞いたところ、カニのクリームパスタが食べたいと。お値段は1500円ほど。

いつもは何でもいいというのに、今日は珍しいなと思って、クリームパスタを注文。一方のわたしは、予定どおりハンバーグを注文。お値段は900円くらい。

20代~30代くらいのOLが集うお店で、女子率高め。40代と70代の親子なんて、どこにもいません。

わたしが選ぶ盛岡の店は割とそういうところが多く、いつもうちら親子だけ場違いな感じになります。でも気にすることなく、常に新規開拓をしています。ただ通院介助するより、こっちのほうが楽しいので。

認知症になってから、母は好き嫌いが出るようになって、例えば鶏肉やハンバーグが、なぜか好きじゃないといいます。でもしれっと焼き鳥を食べたりするので、本当に嫌いなのか、正直なところ分かりません。

サラダとかぼちゃのポタージュを前菜として頂いたあと、パスタとハンバーグが運ばれてきました。わたしでもちょっとボリューミーだと思ったのですが、母は早速「こんなに食べられない」と言い出します。

これも認知症になってからの母の変化ですが、回転ずしのように少しずつ料理が提供されると、エンドレスに食べ続けます。しかし、最初からドカンと盛り付けされると、量に圧倒されて食べられなくなります。

その瞬間の記憶でしか、生きていないからかもしれません。

くどひろ
大丈夫、いつもペロッと食べるから

そう言ったものの、母のフォークは進みません。それどころか、わたしをチラチラとみてきます。何事かと思ったら、

あんたのハンバーグのほうがおいしそうね。そっちが食べたい
くどひろ
何言ってんのー、ハンバーグ嫌いでしょ?

ハンバーグスイッチONだったのに、突然パスタ食えといわれても、正直食べたくありません。わたしはまだ2割もハンバーグを食ってないのに、同じことを何度も言ういつもの母が現れ、

あんたのハンバーグのほうがおいしそうね。そっちが食べたい

認知症の人のいうことを否定しないとか傾聴するとか、そういう対処法が頭を一瞬だけよぎったものの、わたしが食べたいのはあくまでハンバーグ。

普通、こんな風景が頭に浮かぶことはないと思うのですが、わたしは母の汚れた入れ歯をよく洗っています。入れ歯の裏についた汚れを、ブラッシングで落とし、ポリデントします。

自分はそんなに潔癖ではないのですが、それでも母の入れ歯をよく洗っているからか、母と料理を共有するのが好きではありません。入れ歯の裏の映像が・・・亡くなった認知症の祖母もよく、共有の皿にはしをぶっこんで、かき回してたっけ。

ハンバーグが食いたい、母の食いかけパスタは食いたくない。でも、このあと食べ終わるまで、母は「ハンバーグ食べたい♪」と、イヤミなくエンドレスに言ってくるだろう・・・。

結局、母のパスタとわたしのハンバーグを交換しました。母親思いとかそういうのではなく、面倒なことをただ回避しただけです。

満足そうにハンバーグを食べる母、そして完食。わたしのパスタももちろんおいしいのですが、カニ食べたい気分でもなければ、パスタも食べたくない。こうして、ランチは終わりました。あぁ~、ハンバーグが・・・。

盛岡はすっかり秋らしくなってまいりました。

ハンバーグといえば、びっくりドンキー1号店は「ベル」といい、盛岡市内にあります。そのベルの初代店長で名物ドアマンだったSさんは、わたしの本のトークショーに突然来てくださり、びっくりしました。店先に立っている写真パネルの本人にお会いできて、光栄でした。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
======= 【2019年講演会・イベントスケジュール】 =======
11/17(日):横浜市瀬谷区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/21(木):長野県飯田市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
11/30(土):川崎市宮前区  → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら
スポンサーリンク

 
ハンバーグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこのブログを書いている人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!NHKニュース「おはよう日本」、NHK「あさイチ」でこのブログが紹介されました。連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか