7/29(水)発売!「認知症介護」最新刊はこちら!

持続化給付金が入金され生活が救われた

持続化給付金

5月8日、持続化給付金が支給されたというニュースが流れました。持続化給付金について、経済産業省のページを引用します。

感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金を支給します。農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入(売上)を得ている法人・個人の方が対象となりますので、本制度の活用をご検討ください。

引用元:https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

条件はいろいろありますが、わたしの場合は前年同月比で1か月の売上が5割以上減少しており、対象になります。開業届を出したときは、ウェブサイト運営業(ブロガー)だったのですが、今は仕事的にも収入的にも作家業が軸になってます。

講演の仕事はすべて延期やキャンセルとなり、ブログの広告収入も減りました。本の発売も延期になり、収入はコラムのお仕事だけになりました。

4月からいきなり貯金の切り崩しが始まったのですが、わたしの仕事は材料や商品など仕入れがありませんし、高額な店舗家賃の支払いもありません。(東京の家賃はそれなりですが)

なので、資金繰りで苦しんだり、新たに借り入れをしたりする必要はありませんが、受けられる給付金はもらっておかないとこの先つらいので、受付初日に持続化給付金を申し込みました。

初日のため、サイトへのアクセスが集中。それでも入金されたら、わたしの生活への安心感がまるで違うため、頑張り続けたところ、7万番代で申し込みが完了しました。

8日に振り込みができるのは、申請初日の今月1日に受け付けた5万6000件のうち、4割程度にあたる2万3000件になるという見通しを示しました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200508/k10012421801000.html

そしたら、8日の午前中に入金されていて、第1回の入金対象者になっておりました。

個人事業主は、最大100万円の支給です。金額は明記しませんが、わずか1週間で振り込まれるとは思っていなかったのでびっくりしました。確定申告を電子で行っていた分、支給も早かったのかもしれません。

使い道の多くは、家賃の支払いに充てます。東京の家は事務所兼用で、家賃を経費として計上しているためです。本当に救われました。

持続化給付金は収入に含まれる

税務上、益金(個人事業者の場合は、総収入金額)に算入されるものですが、損金(個人事業者の場合は必要経費)の方が多ければ、課税所得は生じず、結果的に課税対象となりません。

引用元:https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-qa.html

持続化給付金が収入に含まれるということは、仮に年後半に仕事が戻ってきたとして、給付金は課税対象になります。

仕事が戻るとうれしいのですが、持続化給付金以上の仕事を失ったので、そんなに課税対象にはならないと思います。できればしっかり働いて、税金としてまた払いたいという気持ちです。

1人10万円がもらえる「特別定額給付金」は、マイナンバーカードでオンライン申請を完了しました。確定申告をe-taxで行っているため、日頃からマイナンバーカードを使う機会が多く、パスワードを思い出せずに区役所に並ぶこともありませんでした。こちらは来月くらいの支給でしょうか?

とりあえず生活の困窮は回避できたので、コロナ終息後に仕事がしたいなと。わたしは今の仕事が天職であり生きがいなので、なんとか元のレベルまで戻って欲しいと思っています。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


2020.7.29発売最新刊!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ