認知症介護をしている介護者が他の介護者に嫉妬する?

認知症介護 嫉妬

認知症介護をしている介護者が、他の介護者に嫉妬することもあるらしい。

例えば、助けてくれる親族がたくさんいるとか、別居介護でも家が近所だとか、遠距離介護がうらやましいとか、まだ認知症の症状が軽いとか、経済的に余裕があるとか、うまく認知症介護ができているとか、介護と仕事の両立ができているとか、旦那が介護しているとか・・・。

認知症介護をしている人が、全く介護していない人に嫉妬することはあるかもしれない。しかし、お互い大変な介護者同士の嫉妬もあるのかと驚いた。

他の認知症介護者のどこを見ているか

わたしは他の介護者とお話しするとき、介護度の高低に関わらず、また介護歴の長短に関わらず、何かを吸収しようと思っている。そこには嫉妬はなくて、うちの介護に当てはめるとしたらという視点も持ちながら聞く。

介護でご苦労されていることに共感する一方で、ラクそうに介護している人を偉いと思うこともよくあって、なんでラクになったかを知りたいと思う。

あと、介護のプロなのかどうか、あまり意識はしていない。介護者なりの工夫とか、一味違ったスパイスを投入しているとか、そういうことを知りたいといつも思う。

「なに、その斬新な発想」、「なに、そのおもしろツール」、「どうやったら、その境地に到達するの?」とかとか。そこに嫉妬心はなくて、好奇心しかない。

100人いれば100通りの介護があるってよく言うけど、本当にそう思う。

同じ認知症であっても、症状は本当に人それぞれ。だから、他の介護者の症状の対応方法を聞いて、なるほどなぁと思うことのほうが多い。

介護の大変さの尺度の個人差もある。わたしが苦労した、大変だと思っていることも、他の介護者には楽勝に見えることもあるし、その逆もある。なんで楽勝に見えるのか、そこが知りたいと思う。これもまた好奇心。

症状もバラバラで、それを受ける介護者の感じ方もバラバラだから、認知症介護のバリエーションなんでどれだけあるか分からない。だから、わたしの介護ブログが全くはまらない人もいるし、ドハマリしてくださる方もいるのだ。

そもそも他の家の介護が、100%自分の家とマッチはしない。それでも、考え方の一部を吸収したり、ある部分だけ共通していたりすることはよくある。そういうパーツ集めをするのが面白いと自分は思うのだけど、そこに嫉妬が生まれてしまうのはなぜだろう。

残念ながら他の介護者に嫉妬している暇はない。

奥が深い認知症介護はまだまだ分からないことだらけだし、経験していないこともたくさんある。

だからいいところだけたくさん吸収して、より楽な自分流の介護を見つけよう! と改めて思った。


今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年講演会スケジュール】 =======
10/03(水):岩手県平泉町  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
10/31(水):神奈川県横須賀市 → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから
11/25(日):茨城県常総市  → 講演のお申込み・内容詳細はこちらから

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 
認知症介護 嫉妬

4 件のコメント

  • いつも拝見させていただいています(^^)
    「嫉妬している暇はない」は真実でしょうが、なかなかその境地に行ける人ばかりではないか、と。
    私の場合は他の方と比べて「うちはまだマシかなぁ」と思うことが多いので(実際そうですし)、「ほな頑張ろか!」となるので問題ないですが、境遇の似ている他人と比べてしまうのも仕方ないかなと思います。自分の置かれている状況に少しでも悲観的な感情があったり、「私、可哀想」という心持ちでいると、何事もネガティブに捉えがちですよね。
    なので、親の「困ったエピソード」は「面白ネタ」に変換してなるべく笑って過ごせるように心掛けています。

  • けろけろさま

    いつも読んで頂いてありがとうございます!
    比較のちょっと先にある嫉妬というステージのお話を書きました。

    コメントの最後のところ、わたしも実践しております。

  • いつも楽しくブログを読んでいます。
    私の勝手な考えですが、ほかの介護者に嫉妬する介護者は、一事が万事で、恐らく介護以外のことでも、他人と比較しては、ああだこうだと言っているのではないかと思います。
    そんな暇があれば、介護について調べ、考えていきたいですね。
    私もけろけろさん同様、「うちはまだ楽かな」と思っているので、比較のしようがないですし、わからないことがあれば、くどひろさんをはじめ、介護をされている方の文章で勉強させていただいています。

  • はぴねすさま

    おっしゃるとおり、介護に限らずかもですね。
    介護以外のところでわたしも嫉妬は少しあると思うのですが、介護に関しては不思議とそういう気持ちが起きません。同士みたいな感覚のほうが強いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか