7/29(水)発売!「認知症介護」最新刊はこちら!

認知症の母と息子の強制バースデー

うな重
ねぇ、うなぎって、どういう食べ物なの?
あまりに唐突な質問で驚いたのですが、土用の丑の日が近かったため、スーパーのちらしに「うなぎ」の文字が書いてありました。もし3歳の娘がいたらきっと、こういう質問をされるのだろうとか思いつつ、76歳の母に改めて「うなぎ」をどう説明したらいいか困りました。
くどひろ
ほら!こう、うなぎを割いてさ。かば焼きにして、たれつけて食べるやつ。ちょうど今、みんな食べたいと思ってる頃だよ
今度は「かば焼き」という言葉がよく分からないようで、
あのニョロニョロしたうなぎを、ご飯と食べるの?
「うなぎ」という生き物は分かっていても、それをどう調理して食べるのかを、忘れてしまったようです。

確かに母が認知症になってから、うなぎを食べた回数は2回あるかないかです。食卓にめったに並ばないうなぎが、母の記憶から消えたとしても不思議ではありません。

最終的に白飯のうえに、ニョロニョロしたうなぎを乗せた画が、母の頭の中にあったことが面白く、「うなぎ」と「かば焼き」というあまり使わない言葉が続くと、そういう発想になるのね?と、認知症介護の新境地を開拓した気分になりました。

チラシのうなぎ

数日後、母がうなぎのチラシをまた見つけました。

今度は文字だけでなく、「うな重」の写真付きです。これはさすがに思い出すだろうと思って、

くどひろ
これよ、これ!うなぎ!うな重わかる?
うな重ねー。うーん……。見たことあると思うんだけど、どんな味だったかしらね。
土用の丑の日が近いという理由で「うなぎ」を食べてもよかったのですが、ごちそうを食べるときって何か「特別な理由」が欲しくなりませんか?

わたしの場合、回転ずしですら「今日は、原稿が予定のところまで進んだから」とかいって、自分自身にやたらと「ごほうび」をあげて甘やかすタイプです。これまでも、自分の目の前に人参をぶら下げ、はぁはぁ言いながら生きてきました。人参なしでは前に進めない、意思の弱い人間です。

特別な理由を探していたところ、ありました!わたしの誕生日が7月19日なので、これだ!と。

誕生日のお祝いに、「うなぎ」を出前で取ることにしました。元々、自分の誕生日に何かするつもりもなく、近くでべアレンビール(盛岡で有名なビール)を1本買って、自宅でひとり飲もうかなと思っていたところでした。

盛岡で有名なべアレンビール

母にチラシから選んでもらったところ、なぜか「うなぎバッテラ」がいいと。ずいぶん変化球できたなと思いつつも、わたしはベーシックに「うな重」を頼みました。さて、「うなぎ」を思い出してくれるのか??

今日は何の日?

くどひろ
ねぇ、なんで今日うなぎ食べるか分かる?
わかんない。
くどひろ
今日は、息子の48歳の誕生日です~ 拍手~
(パチパチ)あんた、ずいぶんと若いわね
息子や娘の誕生日は、だいぶ前から忘れてしまっていた母。

認知症が進行すれば、うなぎだって子どもの誕生日だって忘れます。そのことがショックかと言えば、そんなにショックでもありません。認知症介護歴1年目なら、そりゃショックを受けるかもしれませんが、もうすぐ9年目になります。日常茶飯事、いつものことです。

母の中で「うなぎ」はもはや、得たいの知れないもので、息子と「普通の夕食」として食べているだけの感覚だったようです。自分の記憶と「うなぎ」が全くマッチしていませんでしたが、それでも「おいしい」と言ってくれたので、よかったです。

必死の思いで、新型コロナ感染者ゼロの岩手県に帰ってきて「うなぎ」を頼み、認知症の母を巻き込んで開催した、わたしの48歳の強制バースデーパーティでした。自分の中では、コロナの2週間自粛&健康観察期間を無事乗り切り、お疲れさまでした!の「うなぎ」でした。

ちなみに「うなぎ」の支払い(約4000円)は、わたし。アラフィフになって、自腹で誕生日を祝うって、最高ですね?

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


2020.7.29発売最新刊!

近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ

アーカイブ