10分で聴ける介護ラジオ 放送中!

エアコンがついていたのに、岩手の実家の室温が1℃だったワケ

認知症の母の見守りルーティーンとして、朝は見守りカメラで母の生存確認、そして居間と台所の室温をスマートリモコンを使って、スマホで毎日チェックしています。極寒の今冬は特に、室温チェックが欠かせません。

居間のエアコンは、朝4時に暖房30℃、風量3(MAX5)にスマートリモコンで予約設定してあります。最初はエアコンの普通のリモコンで、朝5時に暖房がつく設定にしていたのですが、母が間違って「冷房」のボタンを前日夜に押すことがありました。認知症で、リモコン操作が危ういのです。

そうすると、翌朝はエアコンの電源は入っているけど、冷房の設定のままになるので、暖房は動きません。冷房25℃で、室温は10℃以下なので、もう冷えてるとエアコンが判断し、作動しないのです。

そこでスマートリモコンを使って、毎朝「暖房」への切り替えと、上記の温度設定をすれば、母が誤操作しても問題ありません。いくらなんでも、朝4時で暖房30℃では、部屋が暑くなり過ぎると思われるかもしれませんが、築50年以上の木造建築をなめてもらっては困ります。

朝6時の室温で、7℃から10℃くらいにしかなりません。これは雪国あるあるですが、エアコンより灯油ファンヒーターのほうがすぐ温まるので重宝しますし、断熱材のない家ではこんなもんです。自分で天井だけ断熱材を敷きましたが、やはり家全体をやらないと意味がありません。

ある日、東京のスマホから岩手の実家の室温を確認したら、1℃と表示されました。え?認知症の母ひとり、凍死しちゃうかも?という不安に襲われたのです。

エアコンがついているのに、1℃?

スマートリモコンはきちんと動いています。ネット回線をつなぐコンセントを抜いたのかと思ったら、それもありません。

なんで、1℃になんだ? 温度が上がらない理由が分からない。母がリモコンで冷房に切り替えたのかもしれない、どうしよう、どうしよう……、離れているので、すぐに駆けつけられませんし、早朝なので誰の助けも借りられません。

理由を探ること、5分。原因をスマホアプリのYahoo!天気で見つけました。このアプリが便利なのは、東京に居ながら、盛岡のリアルタイムの気温、湿度、気圧が分かることです。

Yahoo!天気のアプリ画面

スクショを撮り忘れてしまったのですが、この日の盛岡の気温表示がなんと「-14℃」だったのです。ウソでしょ、と。外があまりに寒すぎたため、部屋が暖かくならなかったのです。だから、1℃でも健闘したほうで、エアコンはしっかり頑張ってくれてました。

今冬の盛岡は、-10℃以下を連発しています。8年の遠距離介護の中で、最も寒いと思います。最近は暖冬が多く、正月も雪がなく安心して遠距離介護していたのですが、今冬は緊張しっぱなしです。でも来週からは、寒い寒い実家にわたしが行き、1か月くらい過ごすことになります。

母の凍死の心配から、今度はわたし自身の体調問題へと変わります。風邪をひかないようにしないといけません。東京の住所が記載されている保険証を、岩手の病院では出しづらいので。(コロナ)

年末ジャンボで10億当てて、母の実家をリフォームして断熱材を入れる!といつも思っているのですが、今年も外れてしまいました。

音声配信Voicyの最新回は、認知症介護で本当に本当に大切な4ステップのお話です。必聴です↓

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
【2021年配信開始】『ちょっと気になる?介護のラジオ』 すきま10分を有効活用!


近距離、遠距離介護に関わらず、親と離れて暮らしている方すべてに向けた新ジャンルの本です。図表&カラーで分かりやすく仕上げました。

4 件のコメント

  • こんにちは。
    毎日寒い日が続きますね。

    4つのステップのお話は、ブログでも読みましたが、Voicyの方がわかりやすく感じました。
    くどひろさんがとても大事にしているテーマだということ、3つ目に少しでも早く移行したほうが良いということなどです。
    私はまだ2つ目のステップですが…

    今後の目標にして、介護して行こうと思います。

  • sakoさま

    寒いです!

    voicyのほうが、熱量込められるので分かりやすいかもしれません。講演会の感じに近くて、講演会だと声にスライドが加わります。

    もっと多くの方に聴いて頂けるよう、何かできるわけでもありませんが、とにかく継続して発信していこうと思ってます!

  • 4つのステップの話、本当に大切ですね。
    私は介護歴9ヶ月ですが、第二ステップと第三ステップを行き来しています。
    自分自身に余裕がある時は第三ステップでいられるのですが、ちょっと疲れがたまっているとか、精神的に余裕がない時には第二ステップに戻ってしまう感じです。
    そういう意味でも自分の健康管理は大切ですね。なるだけ第三ステップにいられるように心がけたいと思います。

  • まあさま

    voicy聴いて頂き、ありがとうございます!
    わたしも2と3を行き来していて、たまに4になったりします。介護歴9か月でステップを理解されているのは、大きなアドバンテージになると思います。
    ずっと怒っている方いるんですよ。気持ちは分かるのですが、本当にもったいないなと思います。たくさんの人にvoicy聴いてもらえるよう、継続して発信続けます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUT US

    工藤広伸(くどひろ)介護作家・ブロガー
    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。岩手にいる認知症&難病(CMT病)の母(77歳・要介護2)を、東京からしれっと遠距離在宅介護を続けて9年目。途中、認知症の祖母(要介護3)や悪性リンパ腫の父(要介護5)も介護し看取る。認知症介護の模様や工夫が、NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで取り上げられる。Voicyパーソナリティ『ちょっと気になる?介護のラジオ』。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
    【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか