認知症の母に対して「もうできないだろうな」と勝手に決めつけていた件

介護する側が「これはできないだろう」「きっとムリだな、この作業は」と、認知症の人に対して思うことがよくある。

もちろん、最初は「できるだろう」と思ってお願いしてみる。でも、できないことが分かると諦めて、つい自分がやってしまうことがよくある。できる可能性があるのなら、じっくり付き合ってあげたいとも思うのだが、時間に余裕がないとそれもできない。

先日、こんなことがあった。

けあカフェに行こうとした時のこと

先日、「けあカフェもりおか」のイベントに参加した。

てっきり、介護職の方々がゴリゴリ研修をするイベントだと思っていたのだが、誰でも気軽に参加できるいいイベントだった。地域によって色はあるらしいが、皆さんのお近くでもやっているから、一度覗いてみて欲しい。

夜のイベントだったので、家を出る時は定番のウソを母に言う。

くどひろ
今日はね、東京から会社の人が来るから、飲んでくる
あんたも偉くなって、大変ね~。ごちそうしないとね~

母は、自慢の息子が大企業で出世して、誇らしく思っている節がある。そう思っちゃっているから、わたしもその設定に付き合っていて、もうすぐ5年になる。

家を出ようとすると母親が、

ちょっとあんた、そんなシワシワなシャツで会社の人に会いに行くの!恥ずかしい!
くどひろ
いや、これはね、フレンチリネン(ユニクロの)といって、麻素材なの。多少はしわになるって。
ほら、貸しなさい!

母が持ってきたアイロンが、記事タイトル下のアイロンだ。どこから、このアイロン出してきた?何年前のアイロンだ?と思ったが、そのまま母の様子をジッと見ることにした。

母は慣れた手つきで、わたしの麻のシャツのしわを伸ばしていった。

くどひろ
おぉー、やるねー。昔おやじに、こうやってアイロンかけてたね
あんた、この素材、ひょっとして麻でしょ?しわになりやすいから、分かるのよ

わたしが直前に言った話を、さも自分は前から分かってました的な感じで話すから面白い。最近は、母の会話泥棒が、増えた気がする。

案の定、アイロンをかけ終わるまでの間に、この会話を3ターンくらい繰り返した。

母は一部の料理と、洗濯と、掃除ぐらいはできるが、アイロンがけができるとは思ってなかった。火事の心配もあるし、意識的に自分が避けていたのかもしれない。

最近、盛岡に帰省する時は、「わざと」しわっしわのリネンシャツを着て帰るようにしている。もちろんアイロンがけをしてもらって、またひとつ役割を増やすためだ。できるのにできないと判断してしまっていることは、まだあるのかもな・・・そう思った出来事だった。

そしてこのアイロン(カタカナでナショナルと表記)、ネットで調べてみると、1970年から90年代の製造だそう。亡くなった祖母が使っていたらしく、たぶん70年代の可能性もある。あまりに古いため、「アスベスト」を使用しているらしい・・・

慣れた電化製品だから捨てたくない、でもアスベストも気になる・・・結局、このアイロンを捨てきれずにいて、母は気持ちよさそうにアイロンがけをしている。

東北新幹線でしわっしわのシャツを着た40代男性を見かけても、どうかしれっと見逃して欲しい。その人はわざわざ新幹線を使って、自分の親にアイロンがけをしてもらいにいく途中だから。

今日もしわっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ にほんブログ村 介護ブログ 遠距離介護へ
■2017年8月13日放送「ひだまりハウス(ニッポン放送)」のラジオ出演の音源はこちら

■わたしの最新刊です!
スポンサーリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。ものがたり診療所もりおか地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護1)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父も、別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)認知症ONLINE(ウェルクス)、著書:医者は知らない! 認知症介護で倒れないための55の心得 (廣済堂出版)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)