認知症の母が大腸内視鏡検査を受けるまでとその結果

認知症 大腸内視鏡

母は2年に1回、盛岡市の無料がん検診(乳がん、肺がん、子宮頸がん)を受けています。大腸がんの検査は、いわゆる検便の提出だったのですが、認知症の母には難しい検査でした。

わたしは母がトイレに行くたびに、大か小かを尋ね、大と言ったら検便ケースを母に渡し、採り方を説明していました。検便ケースは茶色く濁っていたので、たぶん採れているだろうと思っていたのですが、かなり怪しいものでした。

次回からはわたしが便をネジネジしようと思ったのですが、どうせなら、わたしが今月受けた大腸内視鏡を受けちゃったほうがいいと思い、消化器内科を予約したのが今月の始めのことでした。

75歳で大腸内視鏡検査はやるべきか?

わたしが一番悩んだのは、75歳という高齢で大腸内視鏡検査をやるべきか?ということでした。

医師に相談すると、「人生で1回もやっていないのなら、やるべきでしょう」とあっさり回答をもらったので、3週間後に正式に予約を入れました。保険はきかず、2万円強かかりましたが、命には代えられません。

大腸内視鏡について、看護師さんから母にこんな説明がありました。

看護師
工藤さんは、今まで大腸内視鏡を受けたことはありますか?
わたしねぇ、絶対受けたことあると思うのよ
くどひろ
(スマホに認知症と入力した画面を、看護師さんにかざしながら)こういうことなので、おそらく受けてないと思います
いや、絶対受けたと思うわ

母の前では認知症と直接言わないよう6年やってきたので、病院ではこのスマホかざしを何度も行って、看護師さんの意思統一をはかりました。わたしからの説明を聞いた母は、すっかり大腸内視鏡を受けた気になっていたようでした。

検査前日の攻防

検査前日の食事は、朝はパン1枚、昼は具なしの赤いきつね、夜はおかゆとアイスで、お腹に残る野菜などはNGでした。

母は冷蔵庫をすぐ開けるので、透明なテープを冷蔵庫に貼りました。(下の写真)前回の抜歯の際、うがいするなという張り紙をよけ、うがいしてしまった実績があるので、今回はテープでシャットアウトしました。

そして、翌日に大腸内視鏡検査があるという張り紙を居間と台所に貼り、夜8時に下剤を飲んでもらい、それ以降は水だけになりましたが、なんとか物を食べさせずに済みました。認知症の母は、いくら口頭で言ってもすぐ忘れるので、こうするしかありません。

検査当日の動き

検査当日は、朝6時起き。朝食は食べず、タクシーで9時前に病院に到着しました。早速、下剤2リットルのうち、1リットルを1時間かけて飲むように看護師さんから言われました。

カーテンで仕切られた狭い部屋に3人の患者さんがいて、わたしのところだけ親子2人でした。会話はすべて筒抜けで、母が「ここはどこなの?」「なんの検査なの?」という質問をエンドレスにしてきて、それをわたしがまともに回答するというやりとりを、きっとカーテン越しにニヤニヤしながら聞いていたと思います。

下剤は2リットルと重く、母は手が不自由なのでうまくコップに注げないし、何杯飲んだのか、1時間で1リットルの意味も理解できないので、結局わたしがつきっきりになりました。

母はなぜか絶好調で、35分くらいで下剤1リットルを飲んでしまいました。トイレで便を出してもらい、すごく順調に見えました。わたしも1時間経ったら看護師さんにお任せし、外で自分の仕事をするつもりでした。再び母のお腹がグルグルなったので、すぐ横のトイレに行きました。しかし・・・

介護者あるあるですが、便座まであと1歩のところで、ズボンを履いたまま下痢・・・。生まれて初めての下剤の感覚で、我慢できなかったのだと思います。検査のことも、下剤を飲んだこともすぐ忘れてしまうため、やむを得ません。

靴、靴下、ズボン、パンツが便まみれになってしまいました。ナースコールボタンを押したら、看護師さんがやってきてくれて、ビニールの袋にこれら臭いやつらを入れてくれました。パンツは再起不能で、廃棄となりました。

1度出だすと、連続して出るようになります。結局、3つあるトイレのうち1個は、母が1時間占拠することになりました。便座に座りながら、トイレ掃除をして、なおかつ下剤も飲みます。その流れで検査着を着てもらい、便が透明になったところで、麻酔をして検査が始まりました。

検査の90分間、わたしはやっと自由になりました。そこでまず、くさいビニール袋をさらにビニールで包み、臭いが大丈夫なところでタクシーに乗り、20分ほどかけて自宅へ戻りました。若干におう気がしたので、タクシーの運転手にやたら話しかけて、ごまかしたのですが、うまくいったかな?

自宅に着き、におう靴を花王の『消臭ストロング』のトイレクイックルしかなかったので、念入りに拭きました。バッチリ臭いが取れ、やっぱりすごいと思いました。

次に靴下とズボンですが、お風呂場のシャワーでまず下洗いします。排水溝にたまった臭いやつを、ビニールの薄手の手袋をして取り、臭い消し袋『BOS』に入れて捨てます。こちらも優秀で、臭いはありません。その後はお風呂掃除。

下洗いした洗濯物もやはり、花王の『消臭ストロング』液体ジェルで洗濯機を回しっぱなしにして、再び病院へ戻ります。新しい靴、新しい靴下、パンツ、ズボンを持って、今度はバスに乗りました。(においを気にしなくていいのと、運賃節約)

前日は母と同じ、貧相なご飯しか食べてなかったので、駆け込むように久々のラーメン山頭火で、つけ麺を食べてから病院へむかいました。

病院に到着すると、検査が終わって麻酔で朦朧としている母がいました。検査着から持ってきた新しい服に着替えようということで、部屋へ移動しようとしたら、オムツから漏れたアレが床にポタポタと・・・検査中に、便を吸ったそうですが、下剤はまだまだ残っていて、またトイレで20分ほど母は格闘します。

あぁ、看護師さんごめんなさいと思いつつ、便が落ち着いたところで、新しいズボンや靴に着替え、30分ほど休憩したところで、いよいよ先生から検査結果を聞きます。

大腸内視鏡の検査結果は?

医師の診察室前には、共に大腸内視鏡を戦った戦友(60代くらいの女性)が待ってまして、

60代女性
あら、息子さん。偉いわね~。会社休んで、お母さんのために。わたしなんてひとりでやらなきゃだめよ

平日昼間に40男が病院をウロウロしてたら、そりゃ会社休んだって思いますよね。母はフリーランスのことは知らないので、適当に「はい、会社休みました」と返事しました。どうせウソつくなら「自転車で日本一周している途中です」って、言えばよかった。

結果は、ポリープが4個見つかりました。うち1個は5mm以上あって、良質なポリープですが、5年から10年後にガンになる可能性があるので、取っておいたほうがいいだろうと言われました。放置という手もあるよとも言われました。

うちは認知症のお薬としてプレタールを飲んでいるので、この血液サラサラの薬を飲むと、ポリープ切除ができません。これから冬がやってきますし、わたしも今は時間が取れないので、来春あたりに母のポリープ除去手術を総合病院で2泊3日で行いたいと思っています。猶予があって、助かりました。

医師も言ってましたが、とにかく大腸がんでなくてよかったです。女性のがん死因1位が大腸がんなので(乳がんではない)、大腸内視鏡を受けさせようと思ったのですが、早期に見つけることができ、本当に検査を受けてよかったと思いました。

この日は朝3時のけたたましい緊急地震速報のメール音に起こされ、4日連続で母を歯科、眼科、ものわすれ外来に連れて行ったこと、家と病院の短時間移動、これですべて終わったという安堵感から、かなりグッタリしました。

そんな状態だからでしょう。帰宅途中で寄った衣料品店で、母の新しいパンツを4枚買ったのですが、何も考えず堂々と女性下着売り場で母と「Lサイズじゃなくって、M!」「いや、わたしはLだって」とか言い合ってました・・結局、答えはMサイズなんですが。店の出口で、40男が女性下着売り場にいる違和感にあとで気づきました。パンツのサイズより、まずそっちだろ。

洗濯機を回したまま病院に戻ったので、洗濯物を干そうと思ったら、母のズボンに尿パットが入っていたみたいで、洗濯機の中が吸水ポリマーだらけになっていて、マジで凹みました。洗濯前に確認したはずなのに、どこに尿パットが?

洗濯物についたドロドロなポリマーを再びお風呂場で洗い流し、洗濯層を空回しでキレイにし、再び洗濯することになりまして、本当にお疲れな1週間が終わりました。もう1個大変だった緑内障の話も、今度書くかそれとも・・・親子とも大変な1週間だったので、帰京前の夕食はねぎらいの寿司にしました。なっとう巻の発祥と言われるお店のお寿司です。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
======= 【2018年・2019年講演会スケジュール】 =======
11/21(水):岩手県盛岡市      → 非公開です
11/25(日):茨城県常総市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
12/16(日):佐賀県佐賀市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
01/13(日):北海道札幌市      → 講演のお申込み・内容詳細はこちら
講演のご依頼・お問合せはこちら

【↓3回目の増刷が終わり、在庫復活しました↓】
スポンサーリンク

 
認知症 大腸内視鏡

2 件のコメント

  • ウチも、つい先日区の検診に連れて行きました。で、やはり諦めたつつあるのが大腸がん健診…
    日中は私が仕事の為、もしウンが出ても多分採取は不可能だろう、と。
    この土日も出た?と聞いてもデナイ~、だし。
    一回分でもいいんだけど‼ともう少し粘ってみます。それにしてもくどひろさんのお母様への愛がひしひしと伝わるわ~。
    見習わなきゃ。

  • みどまるさま

    うちも検便ケースだけもらって、提出できませんでした。それで大腸内視鏡にしたのですが、結果やってもらってよかったですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこのブログを書いている人

    1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住の介護作家・ブロガー。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。なないろのとびら診療所(岩手県盛岡市)地域医療推進室非常勤。祖母(認知症+子宮頸がん・要介護3)と母(認知症+CMT病・要介護2)のW遠距離介護。2013年3月、2回目の介護離職、同年11月祖母死去。2017年悪性リンパ腫の父(要介護5)も別拠点で在宅介護したが死去。現在も東京と岩手を年間約20往復、書くことを生業にしれっと介護を継続中!連載:介護ポストセブン(小学館)、著書:がんばりすぎずにしれっと認知症介護 (新日本出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか