【重版決定】7/29発売「認知症」新刊詳細はこちら!

【認知症の火事対策】仏壇のろうそくや線香の火もスマホで着火?

ろうそく 線香

あらゆるものを、スマートフォンで操作できる時代になりつつあります。

わたしも岩手の実家にあるエアコンやテレビ、灯油ファンヒーターを、東京のスマートフォンから遠隔操作しています。遠距離介護もここまで変わったかと思っているのですが、GIZMODOの記事を読み、ついにこんなものまでスマート化されたのかと思った動画がこちらです。

この動画は、マッチやライターを使わずに、スマートフォンでアロマキャンドルに火をつけています。アロマと認知症の関係について、少し触れておきます。

認知症のアロマ療法

認知症のアロマ療法については、いろいろと文献があります。公益財団法人長寿科学振興財団が運営している健康長寿ネットから、アロマ療法について引用します。

精油の持つリラックス効果から、認知症の周辺症状である不穏や興奮状態の改善、睡眠障害の改善がみられるという報告はありました。鳥取大学の研究では、介護老人保健施設の高齢者を対象に、28日間アロマ療法を実施したところ、アルツハイマー病の軽度~中等度の患者が、検査において自己に関する見当識2の改善がみられたという報告があります。これによってアロマ療法は、認知症の中核症状である認知機能の改善にも効果が有るということが示唆されました。

引用元: https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/ninchishou/ninti-aroma.html

もしアロマを使っているご家庭で、複数の部屋にあるアロマキャンドルに火をつけるのが面倒なら、この商品は面白いかもしれません。

わが家ではアロマは利用していないので、この記事を読んで思い出したのは認知症の人の仏壇のろうそくやお線香の火の問題です。

自分が遠距離介護をしていて何が怖い?と、うちの妹に聞いたところ、母が仏壇のろうそくやお線香の火を消し忘れて、火事になることと言いました。

LEDのろうそく・お線香

実際、仏具店に行ってみると、LEDのローソクはいろいろ売ってます。Amazonでも購入できます。

また、LED線香もあります。リモコンがついているものもあります

小田工房 LED式電子線香(リモコン、電池付) (2.5寸)

小田工房 LED式電子線香(リモコン、電池付) (2.5寸)

1,600円(09/20 21:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

LEDろうそくもLED線香もリモコンがついているところが、なんとも笑えます。

実際買おうと思って、仏具店にも行きました。でも、仏壇にある座布団や布を燃やしたことがない母だったので、様子を見ているうちに何年も経ってしまいました。

結果、母の認知症が進行してしまい、そもそも仏壇(祖母とわたしの兄がいる)に手を合わせる機会が激減しました。また面倒なのか、マッチでろうそくに火をつける、線香に火をつける動作をやらなくなりました。

ただ、母は「祖母に手を合わせる」という意識はあります。なので、気づいたときに「まとめて」拝む習慣があります。夕方になって、急にお鈴がなんどもチンチーンってなります。

火事が心配というおうちならば、こういった商品もありですよね。いずれこれら商品もスマート化されちゃうのでしょうか。

今日もしれっと、しれっと。

にほんブログ村 介護ブログへ
 【2020年講演会・イベントスケジュール】
講演のご依頼・お問合せはこちら


【重版決定】2020.7.29発売最新刊!

発売からわずか1か月で重版決定!近距離、中距離、遠距離介護に関わらず、離れて暮らす認知症の親の介護に特化した、新ジャンルの介護本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

介護作家・ブロガー
1972年岩手県盛岡市生まれ、東京都在住。認知症の祖母(要介護3)と母(要介護2)のW遠距離介護からスタート、悪性リンパ腫の父(要介護5)の在宅介護も経験。東京と岩手を年間約20往復、遠距離在宅介護歴8年目の現役介護者。NHK「ニュース7」「おはよう日本」「あさイチ」などで介護の模様やブログが紹介される。認知症ライフパートナー2級、認知症介助士。
【著書】親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと(翔泳社)ムリなくできる親の介護(日本実業出版社)医者には書けない! 認知症介護を後悔しないための54の心得 (廣済堂出版)ほか

カテゴリ